水彩画教室を徹底検証!初心者でもわかる書き方入門

  

アートの人気が高まっていますね。アートといっても西洋絵画、墨絵などいろいろなものがあります。その中でも昔から、日本人が好きなアートの一つに、水彩画があります。

水彩画は、透明感もあり、おしゃれできれいな作品の好きな日本人にはぴったりということで、人気が高いのです。

水彩画教室に行って習ってみたい。でも、どうやって習ったらいいのかわからない。初心者なので、水彩画をどうやって習ったらいいのか全く知らないという方に向けて、徹底的に効果的な習い方を検証してみました。

お悩みは色々ありますよね。そもそも水彩画ってどこで習えばいいの?入門するといってもどこで先生を探せばいいの?どんな先生でも習えば同じ?初心者なのだけれども、水彩画を効果的に習う方法は?水彩画を習うのにいったいいくらお金がかかるの?近所で水彩画教室の看板見たことないのだけれども?こんな疑問を解決します。

水彩画を効果的に学習する方法はあるの??

水彩画を習うのでしたら、どうせなら効果的に習いたいですね。効果的に水彩画を学習するカギになるのは、①先生②先生の教え方③費用④水彩画教室に通えるかどうかです。

これらの4つの項目を考えながら選ぶと、効果的に学習することができます。これらの項目について以下の記事を参考にされて、水彩画を学習されるとよいですよ。

水彩画教室を 選ぶときのポイント

水彩画の美しさ、きれいさに魅せられて、水彩画教室に行きたいなと考えたときにどのような点に気をつけて水彩画教室を見つけたらよいのでしょうか?

おすすめは、水彩画の展示会、フェスなどに行って、一流の先生で、自分がお気に入りの先生を見つけることです。一口に水彩画といってもその作品は、個性があふれていて、先生の特色が出た作品になります。逆に言うと、この個性こそがカギになります。

例えば、今、多くの工業製品の多くは優れていておしゃれ、きれいなものが多いのですが、コモディティとなっています。購入者は、きれいな製品に満足しているかもしれませんが、きれいなだけではその商品は価値が高くなりません。

水彩画などのアートは真逆です。その人の作風が出ること、同じ作品が世の中にないからこそ価値が出てくるのです。

では、素敵な作風の水彩画の先生に出会ったら、どうすればいいでしょうか?その先生のことを調べて、カルチャーセンターや水彩画教室で教えていないかインターネットで検索して調べてみましょう。


すると、人気のある作品を作っている先生の多くは、水彩画教室を持ち、講義を行っていることがわかります。


次に、その先生の教え方について評判を調べてみましょう。教え方が上手かどうか丁寧かどうかはとても大事なことです。水彩画の作品がよくても教え方がよくないと、習っても楽しくありません。

教え方が上手かどうかをネットで検索し、口コミを見てみます。そして、教え方が上手でしたら、入門して学んでみるのもいいですね。

次に、お金についてです。物を習うのに受講料が当然かかります。受講料を考えてみましょう。アートを学ぶときには、かなり、お金がかかると考えておいた方がいいです。アート、芸術は基本的にお金のかかるものです。

楽器を習おうと思って、有名なピアニストの先生に習おうとしたら、集団でのレクチャーでもかなり高くて、しかも、その先生の個人レッスンを受けようとしたら、月謝が高くて大変だったということも聞かれます。音楽、アートっていい先生につくとお金がかかるものなのです。

でも、お金が高くても集団のレッスンよりも、個人か小人数のレッスンが本当はおすすめです。先生も多くの受講生を見るときには、少ししかアドバイスができないかもしれませんし、先生の筆の使い方を間近で見せてくれるチャンスも少ないかもしれません。

でも少人数レッスンで、先生が間近に居て、そのスキルを見ることができるのでしたら、その方がいいですね。しかし、そうした環境を選ぶと、その分、お金が高くなるということも覚悟しておかなくてはいけません。

月額1万円は、最低でもかかるものと考えておいた方がいいでしょう。月に1万円かかるとすると2年間で約24万円ですね。年間というのは、ある程度継続しないと身につきませんので、2年間を想定してみるのがおすすめです。

その次には、実際に通えるのかを考えてみましょう。毎回通うとなると、交通費もかかかってきます。気に入った水彩画の作品の先生を見つけたといっても、その先生が東京在住で、習う方が地方に住んでいるとしたら、これは、難しいですよね。

本気でやるなら、東京への移住も考えられるかのしれませんが、普通の方にとっては難しいことになります。逆にあなたが、東京に住んでいても、先生が自然などの風景画が得意で、環境の良さを求めて、地方に住んでいる場合もあります。そうしたときも難しいかもしれません。

おすすめ 注目!口コミで評判の水彩画教室

アートへの注目が集まる中、水彩画は人気のアートの一つです。しかし、忙しい中で水彩画

を習うのはかなり大変ですね。

「そんなお金はない。」「近くにいい先生がいないので、あきらめた。」「とても忙しくて習う暇なんてない。」「いい先生がいるのだけれども遠くに住んでいらっしゃるので通えない。」「忙しくて、家の外や会社の外に出かけるそんな余裕がない。」など、現代人には、アートは必要でも習う機会となるとなかなかないものですね。

でも、アートを趣味として習うのにも、いい方法があると口コミでも評判の方法が、実はあるのです。それが「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」という通販の講座なのです。

通信教育?通販のアートプログラム?そんなの実際に役に立たないのではないかと思う方もいるでしょうが、現代では、昔の学習とは違った方法があります。

それが動画による教育なのです。実際に水彩画教室に通ったとしても、プロの技術を間近で見たいといっても、すぐ近くに先生がいらっしゃらなければ、見ることはできません。

ですが、動画ならどうですか?間近で見ることができます。それに動画だと繰り返し見ることができますので、そのまま繰り返してみて、真似をすればいいのです。

学ぶことで一番大事なことは、実は真似ることから入ることなのです。最初から、プロの筆のタッチを見て真似れば、自己流の下手な筆使いを一生やり続けるよりも有効ではありませんか?

誰でも簡単に学ぶことのできる仕組み

通常の水彩画教室や絵画教室は、先生の描く様子を近くで見るということができませんよね。「あの上手い描き方ってどうなってるのかな?」「完成したおしゃれな、あの水彩画のアート作品、自分のお気に入りの水彩画の作家の作品、自分もあんな風に描きたいな。」と考えることもあるでしょう。

ですが、作品を鑑賞するだけではそのコツは分かりませんし、本を読んでも理解しにくいですね。入門して教室に行っても、先生の筆のタッチをじっと見続けるというわけにもいきません。

しかし、この講座ではプロの水彩画画家が、筆の使い方どこから塗るかなどの基本的なこと、水彩画を描く様子、技法、作品が出来上がる過程まで、見られます。その過程のはじめから終わりまで、ノーカットで見ることができるのです。

つまり先生の塗り方、塗る順番、筆のタッチまでも見ることができる講座なのです。

完成した水彩画作品をいくら鑑賞しても、どのようなテクニックを使って描いているのかを理解し、それを自分の技術にしていくことは至難の技です。

ですがこの講座は、最初から最後まで水彩画を描く様子を見ることができ、細かいテクニックもすべて見ることができるので、描き方のコツが分かりやすいのです。

動画を見て学ぶということは、言わば、その極意を見て学べるということになります。独学するんだと張り切って、いくらたくさんの本を買って、見ても、実際に生きた技法、テクニックを見ることはできませんよね。

水彩画教室に入ると、通常の講座では、下絵を描くところから始めます。下絵を描いてそれから、色を塗るというプロセスになります。この講座は逆のプロセスでスタートします。塗り絵から始めるのです。

難しいと考えられている水彩画ですが、こうした方法をとることで、初心者でもそのコツを理解でき、完成度の高い水彩画を完成させることができるのです。

 趣味や習い事、新しい勉強などで続かない原因の一つが、作り方が分からない。下手だからやめる。楽しめないから挫折した。自分の絵の下手さに絶望したなどの理由が挙げられます。

自分の技術が向上しないと、虚しいという気持ちになって、「やめた。」「自分には才能がない。」と考えてしまうのです。結果として無駄な時間を過ごしてしまったとなりがちです。

プロの技術を見て真似るという講座だと、自分の技術が向上します。向上が自分でも実感できるので、続けやすくなり、楽しくなるのです。

どんな方がこの水彩画を学ぶといいのでしょうか?

退職後の趣味として

最近は、退職して、趣味が欲しい。老後の趣味を見つけたいという方。生きがいが欲しいという方も多いです。一度退職しても、また、勤めるという時代でもあるのですが、一度退職したら、しばらく英気を養って、また就職して働こうという時代でもあります。

水彩画を描くというようなクリエイティブな活動は、趣味としてボケ防止にもなるといわれています。指先の運動と色彩を使う水彩画は脳の機能を活性化させるとも言われます。いろいろな視点から、水彩画を趣味としたり、始めたりする方は多いのです。

それにスケッチ旅行として、「外に出かけることが増えて人生の喜びを味わえるようにもなった。」「働くだけが生きがいではない。」「趣味を充実させることもよりよい人生につながる。」と気付いたなど、副次的な効果も出ている方もいらっしゃいます。

画材を持ち運び、アウトドアに 出かけることで花や風景を絵葉書を描いて、おしゃれに仕上げるということを楽しみにされている方もいらっしゃいます。

描くと、山登り、登山などのアウトドアに出かけるだけでなく、美術館巡りも楽しくなって、ひとりでも、また、友人と一緒にアクティブに 美術館を渡り歩いている方もいます。

(水彩画を楽しく描かれていますね。街の風景もおしゃれです。↓↓)

この投稿をInstagramで見る

まるこさん(@maruko_0226)がシェアした投稿

創造力を高めたいビジネスマン

アートが世界的に見直されてきて、アートの学習会がビジネスマン向けに開催されています。どうして、アートが見直されているのかというと、データをもとにして分析してビジネスを作ったとしても、行き詰まりがあったり、それを打開するのに実はアート、哲学などの一見ビジネスに役に立たそうなものが、役に立つのではないかといわれているからなのですね。

水彩画を学んだからといってすぐに実益に結びつくとか、 儲かるとか、生産性が向上するというわけではありません。ですが長い目で見ると、ビジネスに有効だというわけでアートを学ぶことが人気になっているのです。創造的な能力を発揮することができる鍵もアートにあるのかもしれません。

(参考:創造的な能力とはー「芸術を創る脳を」をめぐってー)

運動はビジネスと一見関係ないように見えますが、筋肉をつけると脳が活性化するとも言われています。水彩画などのアートも同じような意味があるということなのです。

ビジネスのために、仕方なくアート学習会に参加したけれども、目から鱗で、新しい発見があったということも少なくはありません。

こうした学習会に参加するのはいいのですが、自分で描くという経験がある方が、もっと理解が進むというのは間違いないことでしょう。忙しいビジネスマンも夜中にこっそり、アートの勉強や自宅でできる、こうした水彩画教室を取り入れているという方も増えています。
初心者でもいきなり上手に描ける、プロ直伝!水彩画講座

(水彩画、海外でも人気なんですね。雰囲気ありますね。↓↓)

この投稿をInstagramで見る

P A I N T R Uさん(@paintru_)がシェアした投稿

自分のペースで学びたい初心者の方

 「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」は、初心者の方に人気なのです。その人気の秘密として、水彩画教室に通って習う場合に、美術用語や難しい話があるのが嫌だということも理由の一つです。

専門的に勉強してきている生徒さんと一緒に通っていると教室内で美術用語を使った会話がなされることがあるのですが、そうしたしい話が一切ないのです。絵を描くことが好き、描いてみたいという方にはぴったりです。

教材が工夫されているので、真似するだけで上達できます。難しい美術用語を聞いても、具体的にどう描けば良いのかわからない。あなたもそう思ったことはありませんか?

難しい言葉は知らなくても大丈夫。大事なのは描き方のコツを知っているかどうかです。 どうすればもっと美しく描けるのか?プロのコツをまるごと解説するので安心です。

忙しくても趣味を持ちたい方

妊娠している、介護で忙しい、起業中で忙しい、・・・理由はいろいろあります。学びたい意欲は十分なのに水彩画教室には通えないというのはごもっともです。

ですが、「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」でしたら、外に行く必要はありません。最初は塗り絵ですから、簡単に始めることができます。

家から出る暇がないという方は、自宅にいて、在宅で勉強を続けながら自分のできる範囲で、趣味として学んでいくことって大事ですよね。長続きしないということを避けるのは無理をしないということです。家族の方の状況が忙しいという状況で、無理して出かけて行って、罪悪感も感じたりしてしまうと長続きしないということになりがちです。  

時間を持て余している方

お金はないけれども時間に余裕のある方にもおすすめです。会社が時短になって、残業代は出ないのだけれども、暇で、家に帰るまでの時間をつぶしているとか、その時間を安い居酒屋で同僚と一緒に過ごしてしまって、会社の延長みたいだと感じているサラリーマンの方もいます。

また一人暮らしの大学生の方で、お金はないけれども時間には余裕があるという方にもおすすめです。いい趣味を持っておくと、同じ趣味を持つ人と仲良くなれます。将来につながりますよね。

恋人がほしい方

アートは恋愛にも効果的です。例えば「趣味は何ですか?」と聞かれることがあります。「興味があることは何ですか?」と聞かれたら「アートです。」と答えることができたらかっこいいですね。

自己紹介で水彩画などのアートが趣味ですと答えられたらいいですよね。男性でも女性でもモテるかたの趣味としてアートが好まれることが多いのです。芸術は男女問わず好きなものです。

デートをするなら美術館というのは定番で、おしゃれで、デートもしやすいですね。男性では筋トレを趣味とされている方もいらっしゃることでしょう。筋トレを趣味としている方が水彩画をやるとメリットがあります。

メンズで筋肉もりもりの方が 「水彩画が趣味です。」というとそのギャップがまた魅力につながります。インドアで一人でいるときに何をしているのか?どんな技術を磨いているのかがあなたの魅力になるのです。 

魅力のある人になりたい方

水彩画などのアートを習うということは、そのアートな側面だけでなくあなたの個性を出し、コモディティ人間からの脱却を図ることにもなります。

個性のある感性を生かした魅力的な作品を作ることで個性の活かし方を学び、大げさな表現になるかもしれませんが、コモディティ人間をやめることにもなるのです。

センスのよくなりたい女性

日常的に触れる視覚情報って、すごく多いですよね。映画のポスター、広告、色どりの良い料理、インテリア、 メイク。水彩画を学ぶと色についての知識が向上します。色についての知識が身につくと、インテリアや部屋に何かを飾る際に今までとは違った感じで自分で自分の部屋を彩ることができます。

料理やメイクといった色彩が関係するものについては感覚が研ぎ澄まされ、自身の生活を豊かにすることになるのです。だからといって、難しいことはありません。プロの色の使い方を自分でお絵かきするように塗るだけなので、気楽に楽しみながら色使いに詳しくなれます。

料理好きのママがお菓子を作るときのセンスにも役に立つとか、模様替えにもセンスが生かさられるようになるかもしれません。
詳細はコチラ↓↓

学べる内容まとめ

「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」色塗りから始めるというところがとても入りやすくて評判ですが、魅力的な学べる内容を3つほどご紹介しましょう。

使う道具

「水彩絵の具は小学生のときに使ったよね。」

そう考えているのなら、初心者の方は、ちょっとびっくりされるかもしれません。描き方を学ぶ前に、そもそも使っている絵の具が違うということなのです。

実は、小学生の時に学校で使っていた絵の具と「水彩画」で使う絵の具は全く違うものなのです。

プロが使う水彩画用の絵の具は透明水彩です。小学校や中学校で使う水彩絵の具は不透明水彩なのです。使い方も表現の仕方も異なるのです。だからといって難しいものではありません。見て真似ることから始めますので、楽しく学べます。

最初に花の色塗りの練習からスタートします。筆の使い方、影の作り方を学びながらチューリップの色塗りをしていきます。

ピンク色のチューリップはかわいくてきれいな花で魅力的な花ですよね。でも、立体感を表現していくのは、水彩画を学んだことがない方にとっては、難しいものです。細かい色の違いを表現しながら図面の中で、立体感を出していくことを学びます。

先生の仕上げていく順番や色づかい、技法、ポイントはどこにあるのかもこの教材で学べます。 塗り始めから完成まで先生が水彩画作品を作り上げる手順通り、省略なしで見ることができますので、理解しやすいです。

風景

水彩画では風景も魅力的で綺麗に表現できますので、水彩画講座の中では人気ですね。風景画を作り上げることで空の塗り方、遠近の付け方を学ぶことができます。

プロの技法、解説、空の塗り方、近くのものと遠くのものを上手に描く方法、塗る順番、筆のタッチ、表現の仕方を全部丸ごと見ることができます。

講師の上西先生って、どんな方なの?

上西先生は、こんなにスゴイ先生です。

メディアでも紹介されました。

水彩画を習いたい初心者にも人気です。メディアでも紹介されました。

感謝・感想の手紙もたくさん



水彩画申し込み方法 

水彩画教室に2年間通えば1月1万円だとしても24万円もかかる・・・。交通費や入門料などを入れると30万円を超えてしまいます。でも「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」なら、節約しながらプロの技法を学べて32,184円で、プロ直伝の水彩画を学ぶことができます。

2年間この講座のDVDを見て学習したとすると、月いくらになるのでしょうか?月額の費用にすると1500円もかからないのです。

月に1度、喫茶店に行って、コーヒーとケーキを食べる程度の値段ですから、値段としてはとても安い物になります。DVD動画を使った通販 という仕組みは、無駄なコストを省いています。

そして、それにもかかわらず、プロの画家の作品の描き方を身ながら学習できて、おすすめのレッスンです。
詳細はコチラ↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする