宿泊予約サイト ゆめやど 温泉行かない人が知らない人生改革方法。温泉ベスト5。

Contents

温泉についての誤解

温泉についてこんな風に思っていませんか?

「温泉なんて、お酒飲んで風呂入って寝るだけだよね。」

「大人数で行ってワイワイ騒いで寝るだけだろ。」

「温泉は家族サービスだよね。」

「温泉は、年寄りや退職した人が行くところだろ。」

「暇で、することがない人にはいいかもね。」

「仕事で忙しいから自分には関係ない。」

モテる男と温泉は関係ないだろ?」

「温泉に行って仕事ができるようになるわけではないし、無駄だよね。」

「温泉に行っている暇があったら、それよりも、ビジネスの勉強やスキルを磨いて収入を向上させたい。」

「温泉は病気のリハビリに使うんだろ。毎日トレーニングして、健康維持してるから関係ないね。」

と思っていませんか?

旅館、温泉宿は時代に沿って変化してきています。最近は、一見昔ながらの旅館でも、お客様が楽しく快適に過ごせるように、情報を共有し、従業員が適切なおもてなしをするためにタブレットを使って顧客管理を行っているところが増えています。

ITを使って効率よくおもてなしをするようになってきているのです。

時代に沿ってバージョンアップしている温泉と利用の仕方、温泉と温泉宿を使って自分のモテと健康、知的体力のバージョンアップについてまとめてみました。
「温泉に行って、健康になり、仕事もできるようになって、女性にもモテて・・・なんていうウマい話はないかな?」と考えているアナタにはぜひ参考にしてほしいです。

温泉の楽しみ方 過ごし方

温泉の活用方法、傾向、過ごし方、お得な情報についてまとめてみました。温泉旅館、ホテルは今までと違う使い方をする時代になっています。モテて、ビジネスに役に立ち、仕事にも使えて、健康にもなる・・・モテるマッチョにとって取り入れてほしいのが温泉に行くというアクティビティです。

温泉には何回入る?

温泉に行くのですから、温泉に入ります(笑)。しかし、お酒ばかり飲んでいて、風呂に入らないままでしたという方も中にはいます(笑)。

温泉好きで、ホテルや旅館に年に何度も泊まっている人の話だと、事前に、ホテルや旅館に、何か所の温泉があるのかをチェックしておきます。そして、ホテルや旅館に着いたら、周りに景色や見るものがあれば見て、温泉に入ります(1回目)。

夕食後か寝る前にもう1度入る(2回目)。そして寝て、朝起きたときにもう一度入る(3回目)。朝は、露天風呂などで、すがすがしい気持ちを味わいながら入ります。

というわけで、3回入るという方が多いです。ですが、もちろん、そんなことを気にする必要はありません。正解はありませんので。

大人数で雑魚寝。団体客の宴会の時代から。

温泉の利用の仕方についてです。温泉といえば、1990年頃までは、会社の団体が、忘年会などで宴会を開きながら騒いで、酒を飲んで過ごすということが多かったのです。社員全員で雑魚寝をしたという思い出話をする方もいます。

温泉旅館やホテルも、温泉地はそうしたお客さんの需要を満たすための施設として、利益を上げ、発展してきました。

しかし、バブル崩壊以降は、団体客が減り、温泉旅館、ホテル、温泉地は大きな打撃を受けてしまいます。

団体客を受け入れるための、宿泊サービスとして発展してきた温泉地は、そのサービスの提供の内容、仕方を大きく変えなくてはならなくなったのです。

それは、社会や働き方、会社そのもの在り方が変わってきたからでもあります。社員も派遣が増え、正社員が減ったり、転職が増えたり、効率化へとシフトしたことで、会社が社員全員で温泉旅館に行って忘年会を行うなどが減ってきました。

温泉といえば大人数で酒飲んでというイメージを持っている方もいらっしゃいますが、今は様子が異なってきています。

個人、少人数。部屋食。健康、ヨガの時代へ。

現代では、数人か個人でホテルに泊まり、ゆっくりと過ごすという時代になってきています。食事も大食堂から部屋での食事を望むお客さんも増えてきました。

温泉旅館、ホテルは個人客や少人数のお客さんのニーズに対応したことで、温泉地への旅行客は少しずつ増えてきています。

温泉地も個人や少人数のお客様をもてなすように、新しい形のホテルや旅館が建てられるようになってきました。

温泉に求めるニーズが異なってきている例はほかにもあります。健康志向も出てきていますので、食事もヘルシーなものを提供したり、ヨガのやトレーニングのプログラムを提供しているホテル、旅館も出てきています。富裕層向けには、高額な料金設定で、高級な部屋やもてなしを提供するホテルも出てきています。

更には、ビジネス研修と仲間づくり、美容、健康、自己回復、自分の感覚を研ぎ澄ますなどを目的とした宿泊客が少しずつ増えてきているのです。

今の温泉文化を先導し、変えているのは、個人客、1部の富裕層、ビジネスパーソン、女性、健康に関心のある方、外国人です。

人気のある温泉に入ることに慣れたら、そうした現代のトレンドの温泉に行ってみるのもよいですね。

温泉 筋肉

温泉に行くというと病人が病気を治すためと思っている方もいるかもしれませんが、筋トレをして、筋肉をいたわり、リラックスさせるために行く方も多いのです。

鍛えられた筋肉を持つ男が、海を見渡すことのできる絶景の中、しかも、気温が低い冬、寒い中で熱いお湯を筋肉にかけていたわり、愛でるなんてカッコイイと思いませんか?

筋肉、トレーニングと温泉は実は相性がいいのです。

そうしたイメージビデオをもユーチューブで見ることができます。

美術館にないメリット

仕事をするうえで、論理やデータ、数字をベースに考えていく方法がよいとされて仕事に取り入れられてきました。最近は、これではビジネスが行き詰るという問題が起こってきています

その打開策を得るのには、美意識を高める必要があるというわけで、美術館で絵画、美術品の鑑賞会が行われるという時代になってきました。温泉には周囲の景色を見て美を楽しむという意味もあります。

庭園を備えたホテルや旅館もありますし、室内も美しく整備されています。温泉に入って外の絶景、景色を見るということは、自身の体を温泉の中で体を温め、浮遊感を味わいながら見ることになります。

体の感覚を変えながら綺麗な景色を見るなんていう体験は美術館ではできません。裸になっていたら、美術館では怒られますから(笑)。

更に、温泉に行くことで健康効果もあります。お酒を飲みすぎたらダメですが。美術館に行っても健康効果ありませんから(笑)。

女子 女性 温泉娘のニーズを理解する。

モテる男としては、女子、女性、温泉好きな温泉娘などのニーズについても理解しておく必要があります。

最近、女性のニーズに応える温泉やホテル、旅館が増えてきています。美しい景色やホテル室内の美しさ、料理はおいしいのは、もちろん、目にも美しく、フルコースの料理が提供されているホテルもあります。

温泉に入って、翌朝はヨガという、美しい旅をして、美しくなるという女性のニーズに応える温泉も増えているのです。

こうしたニーズを理解しておけば女性を温泉に誘いやすいですよね。

建築を楽しむ。

和風建築で歴史のある古いホテル、旅館もあり、最近新しく建てられたもののなかでも古い日本を想起させるような作りにしているホテル、旅館もあります。

おしゃれな洋風のホテルもあります。建築とその周りの庭なども楽しみの一つです。

料理を楽しむ。

温泉に行く目的の一つは、おいしいものがたくさん食べられるということです。その地方の食材、料理を食べることができます。

地元の食材、高級牛肉、マグロなどの魚料理、バイキングあり、フルコースありで様々です。

旅館やホテルは、レストランのように、長年にわたって、調理技術を磨き上げてきていますので、1流の料理を味わうこともできます。

おいしい食事と温泉ならコチラ↓↓


本当の贅沢

温泉地でのおススメの過ごし方の一つです。特に、ビジネスマンや作家、経営者、クリエイティブな活動をされている方が取っている方法です。

現代を生きる私たちは、スマホやインターネットに結びつけられたまま、たくさんの情報に翻弄されながら、忙しい日常を過ごしています。

温泉に行ったときこそ、情報のデトックスをしましょう。ネット経由で入ってくる、動画、ゲーム、情報、メールを遮断して、自分の考えや感覚に従って周りの景色を見たり、歩いたりしてみましょう。

情報誌や情報サイトの勧めに従って行動するのではなく、直観で、周りを見て歩き、興味のあるものは手に取ってみましょう。

情報誌や情報サイトに載っていない気づきを得られます。情報から自由になるということは、昔は当たり前のことでしたが、今はとても困難です。

そして、時々情報を捨て自分の感覚に従ってモノを見るということは、仕事やビジネスをする、人間を磨いてモテるためにも大事です。

読書

ネットからの情報は遮断し、普段読まない本を読んでみるのもよいです。経営者の中には1年のうち、期間を決めて、本を買いこんで旅館やホテルにこもり、読書にふけるという方もいます。

勉強 アウトプット

小説、漫画家、エッセイスト、最近ではネットで頻繁に投稿する方、SNS上のインフルエンサーも含みますが、作家、文章を書くのを仕事にしている方の中には、ホテルや旅館の中で創作活動を行っている人もいます。

作家になったつもりで、集中でき、外部から情報が入らない環境で、自分の考えなどをまとめる練習をしてみましょう。

日本では、本の出版数は多く、日本人は、本はよく読んでいるといわれますが、その割には、情報を発信する方が少ないともいわれています。

インプットが多くアウトプットが少ないのです。発信力はこれからの大事なスキルです。仕事ができ、人と縁を結ぶためにもアウトプットの練習をしましょう。

インターネットを活用するときに、自ら発信するというスキルは大事です。作家になったつもりで、テーマを決めて、書くとよいです。ちなみに、作家は女性にモテる職業の一つです

書いて作品を発表する、書いてSNSに投稿してインフルエンサーになる、ライターとして活躍する、会社の企画書で成功するなど、自身の目的に合った内容を書いてみましょう。

ビジネス合宿 塾合宿

ビジネスセミナー、ビジネス塾の合宿を温泉付きのホテルや旅館で行うことがあります。こうした機会をとらえて学習し、仕事のスキルを向上させていきましょう。

温泉ホテルをビジネスの向上、打ち合わせに使ってみましょう。個人と個人がスキルを持ち寄って相談をするようなビジネススペースが各地ででき始めています。

その施設の近く、または、施設内に宿泊施設があるということです。この施設を使って、ビジネスの打ち合わせなどをするというわけです。

こうしたことが成立するのも、個人のスキルとスキルを組み合わせれば、仕事が作れる時代だからです。会社同士でも、打ち合わせで、そうした施設を使うことがあります。

でしたら、いっそのこと温泉地に行って、同じこともできます。モテる男は仕事のスキルの向上にも余念がありません。ビジネス合宿も考えてみましょう。

日本の情緒を味わう

建物は、歴史を感じさせる古いものもあれば、最新の設備を備えた新しいものもあります。温泉の泉質も様々です。

日本ならでのもてなし文化も味わえます。日本人の感覚が生かされたもてなし、食事、建築物などは日本の情緒を味わう機会です。

平日宿泊のメリット

平日宿泊を考えてみませんか?仕事で忙しいので、無理だよという方もいる と思われます。ですが、日本人は労働時間が長く有給を取りにくい、とれない方が多いですよね?

日本人の労働は、時間効率が悪く、労働時間だけが長いともいわれています。しかし、世界を見れば、労働時間は短く、有給も取れる国はあります。

日本ではまるで、有給を取るのは病院に行くときだけと法律で決められているようにさえ思われます。変化の激しい時代です。会社も、仕事もずっと同じというわけにはいかない時代です。

休んで自分の人生を考えたり、仕事のスキルを上げたり、パートナーや友人と考える時間を持つようにしてはいかがでしょうか。

その時間をどこで過ごすのがいいのかというと温泉のある宿、ホテルです。

スケジュールに積極的に有給休暇を入れていかないと休みが取れません。人生、仕事について、1年に1,2度でも振り返って見る時間を強制的に持ってみるというのはいかがでしょうか?

穴場

穴場を探すなら、休日で探そうとしてもほぼ無理です。人気のある旅館は埋まってしまっていますし、宿泊客が多くて混雑しますから。
ゆめやど公式ホームページ

しかし、平日なら予約が取りやすいです。穴場がいっぱい。しかも平日ならではの限定、特典プラン付きなら、とてもお得になります。

格安 激安

土曜日を除く、日~金曜日、つまり、平日なら格安のプランが出ることがあります。通年では用意できない平日限定、期間限定になりますが、その分安くなるプランが用意されることになります。

旅行通の方から見ると、「この値段で、この旅館と温泉?」「激安?」と感じる方もいるかもしれません。

「ゆめやど」で、予約できる、温泉ベスト5

圧倒的にお得な宿泊予約サイト「ゆめやど」を使ってみてください。



おススメ ベスト5

ウェルネスの森 伊東

部屋

部屋が広いです。最大で7名まで利用できる2~3LDKタイプの和洋室があります。

洋室×1+和室+LDK、または、洋室×2+和室+LDKですから広々していますね。

キッチンや冷蔵庫、食器、調理器具の貸出もあります。長期滞在を希望する方や食事なしのプランにもよいです。部屋には、使い放題のマッサージチェアがついています。テレビは52インチ。DVDプレイヤーもついているので映画も楽しめます。

夕食

夕食は、地元の食材を中心に旬を味わう季節の一品 そして、 バイキングスタイル。

地元の食材を活かした季節の一品。和食以外にも本格的な中華料理もあります。

大人の方からお子様まで、年齢を問わずに利用しやすいです。

朝食バイキング

ホテルの朝食といえばバイキングですよね。目の前で焼く伊東で取れた新鮮な干物、定番の卵料理などが、オススメ。

湧き出る天然温泉 名湯として知られる伊東

湯量が豊富なことで知られる温泉の地として知られる、伊東。ウェルネスの森伊東でも、こんこんと新鮮な源泉が湧き出ています。

檜風呂・岩風呂

天空の湯にある檜風呂。一人用の浴槽は、木の香がして、森林浴効果もありそうです。気持ちの良いスペースです

大浴場

清潔感のある大理石造りの湯船には良質の天然温泉が湧き出ています。

クアハウス(無料の温泉運動浴プール

水着着用のクアハウスです。 かぶり湯・ジャグジー・歩行浴プール・寝湯・ボディーシャワーの浴槽があり、楽しめます

利用時間は7:00~22:00(11:00~13:00はクローズ)なので、午前中や夕食後など、軽い運動をしたい方には良いですね。

この施設では、遊泳は不可です。うき輪・ビーチボールの持込みはできないので、ご注意ください。

おむつのとれていない子供さんも利用できるようです。水遊び用のパンツ持参で利用可能のようです。詳しくは、お尋ねになるとよいでしょう。歩行浴プールは長さ11m×幅4m×深さ1mです。

松乃井 源泉湯の宿 群馬県 水上温泉

日本庭園「華松園」

松乃井の日本庭園「華松園」は敷地面積一万坪です。利根川源流沿いに造られ、みなかみの大自然を庭園の中から感じることができます。

春の草花。夏は暑さの中にも緑の敷地で涼しさに浸ることができます。秋は木立の美しさ。冬は舞い落ちる雪。華松園は、1年を通じて季節ごとに、様々な表情が見られます。

訪れる季節を変えて、日本庭園や自然風景を味わうために再訪するメリットは、四季を感じることができるということです。日本の庭園の良さは、訪れる季節によって異なる表情を見せてくれます。

美術館の絵画がいつも同じであるのに対して、庭園の美しさは表情を変えてあなたとあなたのパートナーを迎えてくれます。

読書するなら

読書処「らいぶらり」では、ゆったりとした非日常空間での読書の時間を楽しむことができます。

部屋

蒼き谷川岳を望む清冽な利根川のほとりで、和の趣と洋の美しさを味わえます。客室は目的に合わせて利用できます。

夕食 バイキング

社長自らが生産地と生産者を厳選しているそうです。バイキング形式で、旬の地元食材をたっぷり使用し、女性も男性も、年配の方も、子供にも、幅広い年齢層に向けた料理が用意されていますので、安心です。

子供が大好きな大好きなメニューを集めたキッズバイキングメニューもあります。品数が豊富ですので、年齢層を問わず、幅広い年齢層に対応できるメニューがそろっています。

ステーキ

夕食バイキングでは、鉄板焼きステーキなど、品数豊富に取り揃えたバイキングがあります。アツアツのステーキはおいしいと評判です。

本マグロ

夕食バイキングでは、天然本マグロを職人が真心込めて一貫一貫握っています。

源泉掛け流しの温泉

4本の源泉から引き湯していて、加水なしの天然温泉です。源泉を4本保有していますので、「華松園」のお湯は源泉掛け流しです。源泉を空気に触れさせないよう、湯殿の底から「源泉」を湧き上がらせる「湧湯」です。本当の温泉です。

加賀屋  和倉温泉 石川県

女将のお部屋回り

今ではどこでも見られる習慣となっている、女将によるお部屋回りの挨拶は、加賀屋で始まったということをご存知でしたか?

お客様の満足を考えてきた温泉旅館がもてなしとはなにかを考えて、始まったのです。

和倉温泉とは?

和倉温泉は1200年もの歴史があります。北陸で唯一の海の温泉でもあります。ここからは。雄大な七尾湾の景色を見ることができます。長い歴史の温泉という伝統・歴史・「おもてなし」を味わうことのできる場所です。

食事 料理 調理技術

季節それぞれの海の幸と山の幸という食材はとても楽しみです。しかし、その食材を、長年にわたって磨き上げられ、培われてきた和食の調理技術で仕上げられた料理なら、一層楽しみですね。

旬の食材と調理技術がそろって、最高の食事体験ができるというものです。どの季節に訪れたとしても、その季節の味を、味わうことができます。

食材の仕入れ、調理技術、心遣い3拍子そろった食事を味わってみてください。

温泉街近くの寛ぎ空間

温泉情緒が、リーズナブルな料金設定でたっぷり満喫できます。 客室は純和風の造りです。全室、10畳以上の座敷と広縁が設けられています。 温泉といえば畳。畳の上で寛ぎたい方にはぴったりです。

泉質 湯冷めしにくい温泉

水晶をくぐりぬけた透明な泉質です。開湯以来、1200年という歴史があります。

この歴史だけでもすごいことですが、歴史を積み重ねてきた和倉温泉の魅力の大事なポイントは、もちろん泉質がよいということです。

和倉温泉の温泉は、高温で豊富な湯量があり、良質な温泉として知られています。

温泉は、地下の花崗岩に含まれる水晶をくぐり抜け、湧き出してきます。湧き出た温泉は塩化物泉(高濃度)のため、湯冷めしにくいと言われています。

すべての浴場から七尾湾の雄大な景色をみることができますので、温泉×景色好きの方には、楽しいです。

空中露天風呂

七尾湾を一望できる露天風呂のなかでは、まるで、七尾湾に浮かんでいるかのような感覚を味わえます。

絶景を見ながら湯船に浮かんでいるような感覚って、自宅のお風呂では無理ですね。

大浴場

七尾湾に面した大浴場です。

湯船に浸って、穏やかな海を眺めると、リラックスできます。贅沢なひとときを過ごすことができます。

野天風呂(殿方大浴場)

湯船の上の天井が天窓になっている珍しい野天風呂です。日の光を感じることができ、室内なのに解放感は露天風呂のようですす。

玉子湯 高湯温泉

奥州三高湯に数えられる名湯「高湯温泉」。400年間絶えず湧き続ける源泉掛け流し100%の乳白色の硫黄泉を堪能できる湯宿です。

庭園に一歩でれば、ほのかな硫黄の香りに包まれた温泉が待っております。

レトロ

明治元年設立の萱ぶき小屋はレトロ感たっぷり。長い歴史を感じさせてくれます。タイムスリップしたのかと思わせるほどです。

泉質

乳白色の硫黄泉です。温泉といえば、乳白色という乳白色ファンにはたまりません。

神経痛、筋肉痛

仕事、トレーニング、で疲れて筋肉をリラックスさせたい方。体をいたわりたい方などに最適。

絶景 夜景

都会では見られない星空を、温泉に入りながら見ることができます。

カップル、夫婦

2人で歴史を感じたい、日本の古き良き情緒を感じたい、渋めの日本を堪能したい方にピッタリです。

 ごはん

地元の山菜を中心とし、地元の食材を中心に使った季節の和食膳です。

田舎の旬な素材が楽しめます。

源泉掛け流し100%

400年間絶えず湧き続ける源泉掛け流し100%の乳白色の硫黄泉を堪能できる湯宿です。

東京から

東京から行くと想定すると、一つは車で、東北自動車道「福島西IC」まで行きそこから約30分です。駐車場有(無料) JRを使うなら東北新幹線「福島駅」よりバスで約40分となります。

優香苑 南花巻温泉郷 岩手県

南花巻温泉郷 山の神温泉。岩手県の奥座敷、花巻温泉郷の中でも少し奥まったところに佇む温泉旅館です。

景色が美術館

四季ごとに自然が見せてくれる表情がとてもきれいです。

花々咲く春、深い緑と水量の多い豊沢川が美しい夏、紅葉する秋、雪の降る冬。また、夜、ライトアップされた庭園は、幻想的な表情を見せます。そして夜のお庭から眺める宮大工建築の建物もいいです。

読書好きな方なら

宮沢賢治が見ていた、愛した花巻の夜空を眺めながら、宮沢賢治の作品を思い出しながらあなたも湯浴みしてみませんか。

露天風呂

露天風呂『とよさわの湯 大露天風呂』、モダンな雰囲気溢れる『こもれび乃湯 露天風呂』が人気です。

豪華な建物、ノスタルジックな雰囲気

建物外観は重厚で部屋天井も「組み入れ天井」でとても豪華な雰囲気です。全体的に建物・調度品は、歴史、時代の流れを感じさせます。

建築

宮大工建築の造りで細部まで拘り抜かれた技術は高く評価されています。 特に格天井と言われる天井部分が一見の価値があります。

アクセス

【電車】JR東北新幹線新花巻駅より車で約50分、JR東北本線花巻駅より車で約35分/【車】東北自動車道花巻南ICより約20分/駐車場有(無料)

お得に温泉と食事を味わって、健康になるならコチラ↓↓



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする