ワークマン 現場で鍛えられたからこそ、ガチで使える服がコスパ最高。作業着ⅤSスポーツブランド用品、登山用品。勝利を制するのはどっち?

服選びについてのお悩み

「安くて、センスのある服はたくさんあるけど機能性も欲しいな。」

「トレーニングに使いたいけど、日常着としても使える服がいいな。」

「釣りが趣味なので、防水性と温い服が欲しい。」

「お金がないので、コスパを考えて服を買いたい。」

「服には、安価で、機能性とオシャレ感があればいい。浮いたお金は、投資、教育費に回したい。」

「山登りが趣味だけれど、低山、日帰りが中心なので、本格的な登山用品でなくても、使いやすい服があるといいな。」

「バイクでツーリングが趣味なので、風に耐えられる服と暖かい服が欲しい。」

「ファーストファッションで服を組み合わせればそれなりのおしゃれは楽しめるけど、どうせなら機能性もほしい。」

「普段着は丈夫で長持ちが大事。ついでに機能性もあればうれしいな。」

「機能性とファッション性があれば、24時間のトレーニングジムを使って、その後買い物して・・・ができるんだけど、そんな服が欲しいな。」

「キャンプが趣味なんだけど、汚れてもよくて、防水、防風、保温の機能が備わっている服が欲しいな。」

「服にはお金をかけられない。丈夫で長持ち、経済的な服がいい。」

「園芸で外に出るので、急に寒くなったりするので、気温の変化に耐えられる服が欲しいな。」

「定番のいい商品は、時間をかけずに、電子チラシでさっと買いたい。」

 

モテる男はどんな服を買うか?すでに経済的に豊かで好きなものが買える人もいれば、お金がないのでどうやってコスパのいい服を選ぶか考えている人もいるでしょう。

いろいろな状況の中でもモテる男は、服選びと同時に自分の世界である趣味も大事にしてきました。

体を鍛えるのに最適な服はどれなのか?アウトドアの趣味を充実させる服選びは?経済力もつけていくためには投資も必要とするとすれば、服にお金をかけてばかりもいられない。

お財布に優しいからといって、ダサい服だと女にもてない・・・。

というわけでモテる服選びの1つとして機能性のある服を使って「コスパよくモテを実現させよう」です。
ワークマンがいい!

服のトレンド

時代や流行によって多少変化はありましたが、私たちは、普段着と特別な場に出るような高級な服などを選んで着てきました。

ところが、ある分野の服が日常着に侵入してきました。それが、スポーツファッションです。

スポーツ選手が活躍すると、そのスポーツブランドは、スポーツをしないであろう層に向けてもファッション性をうたい文句にして、そのブランド商品を販売してきました。

スポーツ用品は、憧れの選手が活躍する中で、高価でもいいから、あのブランドを着たいという一般層に販売することで成長してきました。

もちろん、スポーツ好きの方のニーズにも応えてきました。今では、普段着としてスポーツブランドを着ている方も少なくありません。

そして登山用品も、登山用品で培われた技術とその機能性、そしてファッション性を付け加えることで一般のユーザーに遡及をして、今では普通に、街中でダウンなどを着ている人を見かけるようになりました。

もともとはアウトドア、山登りのメーカーだった服を着るようになってきました。

そうしたメーカーの中には、登山家向けの販売から一般層に向けての販売に注力するようになったメーカーもあります。その方が利益が出ましたので。(笑)

そして、ユニクロに代表される安くてファッションセンスのある服が登場してきました。

ファーストファッションです。ハイブランドでなくても、それなりにコーディネートして着ればオシャレなので、SNSなどで投稿されるセンスのいい人のまねをして、着るようにもなってきています。

服にはお金をかけない、でも、それなりに良い商品でしたのでブームになりましたし、今でも購入する人は多いです。

日常着を変えてきたともいえる第1の勢力、スポーツブランド。第2は登山用品。第3は、ファーストファッション。

そして、第4の勢力の登場です。第4の勢力とは、作業着です。丈夫なだけでダサい服のイメージがついて回っている作業着ですが、最近は、その固定されたイメージを覆しつつあります。

話題になっているあの服とは?

話題になっている第4の勢力という服が登場しているのです。それが作業着です。

「作業着?ダサい服なんて着たくないよ。」「それは作業が必要な職業についている方の服でしょ。俺はデスクワーク中心だから、関係ない。」

そんな誤解があるかもしれません。しかし、現在状況が非常に異なってきているのです。

作業着なのに、オシャレ、使いやすい。ファッションセンスもある、若者に人気となっている、しかも使いやすいということで着る人が増えてきています。

年代も、若者はもちろん、アウトドアや釣り、ツーリング、造園などの趣味に携わっている年配層にも、少しずつその商品の良さ、便利さから、人気が出てきています。

その理由とは何なのでしょうか?

 若者に受けているってどういうこと?

今の若者はダサい服が好きなのか?と考えているのなら、その考え方こそ古いと言わざるを得ません。

若者はお金がないかもしれませんが、常にどの時代もセンスのある服を求めてきました。ファーストファッションでも、組み合わせることによってオシャレを楽しめます。

今までは、「お金がないので、安い服でファッションを楽しむ」でしたが、「お金がなくても、安くて、機能性もある、ファッションセンスもある服を楽しむ」に変わってきています。

作業着が、変化し、ファッション性を取り入れて進化してきたのです。それも若者に受け入れられている理由の一つになります。

女性にも受けている

作業着のイメージを覆している他の理由は、女性にも受け入れられて来ているということです。

今の女性は建設現場で働いている方が多いのか?と思われた方がいるとすれば、それはトンチンカンな答えです。

いつの時代も女性は、ファッションセンスのある服を選んできました。そうです、今の作業服は現場で働いていない女性にも受け入れられて来ているのです。

軽い、温い、色がきれい、かわいいと、その服や靴を評価している方が多くなっています。

View this post on Instagram

晴れてワークマン女子になりました! . 綿アノラックパーカー¥1,900なり! . メンズのMサイズだけどオーバーサイズが流行ってるし、いい感じ!裾も絞れるのでほわっと着るのもめっちゃ可愛い! . ……アノラックってなんだ?𓅭 . #backpack #carrycamp#旅女子 #女子旅 #アウトドア女子 #徒歩キャンプ #バックパック女子 #なちゅガール投稿 #キャンプコーデ #キャンプファッション #アノラック #アノラックパーカー #ワークマン #ワークマン女子 #綿アノラックパーカー #行こうみんなでワークマン #キャンプ服 #プチプラ #プチプラコーデ

森 風美(もりふうみ)キャンプ女子(大生)さん(@fu_u.m)がシェアした投稿 –

造園 園芸 農業

造園、園芸の作業で使われていると聞くと、それは納得できます。「造園や園芸は、土で汚れるから、作業着が当然、合っているよね。」と思われるかもしれません。

もちろん、造園業や園芸を趣味とする方の中に、愛用されている方は多くいらっしゃいます。

ですが、それが、若い女性やお年寄りまでとなるとどうでしょうか?実は、農業の分野に参入している女性も多くいますが、その農作業着には、ファッション性が重視されているのです。

女性は農作業や園芸などでも、やはりファッションセンスを大事にします。

お年寄りの園芸はどうでしょうか?お年寄りは、園芸を趣味としている方が多くいますが、汚れてもすぐに洗える服、軽くて、機能性のあるものを必要としているのです。

園芸は、暑さ対策としては、その発汗性が大事です。夏の暑いときに汗をため込まずにいてくれるのは、快適な作業に結びつきます。

また、秋や冬の作業は、おもったよりも冷え込むことになりますので冷えに対する対策も必要です、こうした中では、暖かいインナーや防風機能のある服が重宝されます。

 

登山用品と比較

登山。それは、過酷な環境との戦いでした。長時間歩いて、汗をかきますが、その汗が抜けずにいると体を冷やすことになります。

ですので、濡れたインナーが早く乾くような機能のある繊維が開発されてきました。

それに加えて、ジャケットは、体の中の湿り気を排出するように改善されてきました。

体に当たる風は体温を下げます。これも体力を奪っていきます。防風ジャケットが改善されて、風の侵入を防ぐことができるようになりました。

こうした改善の結果、登山家の愛用するものとなりました。高山では寒さとの戦いでした、暖かく、それでいて汗はこもらずに排出するといった機能を持ったジャケットやインナーの開発は必須でした。

登山用品の問題点

登山家に提供されるために開発が行われてきた登山用品はその機能性においては、最高のものでした。

それが、普通のファッションにも取り入れられて、街着としても普通に着ることができるようになってきています。

機能は良いのですが、問題点が一つありました。高価格であるということです。機能については研究されて毎年改良され、よいものが出てきているのですが、そうしたブランドは高価格になってしまっているのです。

登山用品と共通する課題

高山での活動は、防水、保温、透湿性、速乾性、耐摩耗性との戦いでした。その戦いに近い場所が実はもう一つありました。

それが工事や工場、建設現場などの作業の場でした。以前の作業服には、耐摩耗性しかメリットがなかったので、一般のユーザーは作業服に注目することはありませんでした。

ですが、現場での作業は、耐摩耗性のみならず、夏は、汗をかきながらの作業になりますので、速乾性が求められてきました。

寒い冬でも、外での作業があるので、防風や防寒対策も必須でした。こう考えると登山に必要な機能と作業着に必要な機能が、実は重なっていたということが分かります。

もちろん、作業着を着て厳寒の冬の中、高山を上るということはやめておいた方がいいでしょう。

ですが、日常のトレーニングなどのハードユースには十分対応できるようになってきています。

しかも良い点は、作業用だったために値段が抑えられたまま販売されてきていますので、お財布に優しいい価格のままです。

そして、値段はおさえられてたままであっても、技術の進歩に伴って、防風や防寒などに必要な素材が向上し、使いやすくなり、取り入れられるようになってきています。

現場で鍛え抜かれた知恵

建築現場や外での労働、工事での作業を支えてきて、支持され続けてきた服があります。現場を支えてきた作業着といわれるものです。

以前は汚れてもいいとか丈夫さだけが売りのものでしかありませんでした。ですが、近年、作業着は大きく変貌を遂げることになってきています。

現場について考えてみると、暑い中で長時間の労働が行われたり、寒い中でも保温を実現しなくてはならなかったりと、やはり、過酷な環境という点ではアウトドア、登山と同じなのです。

作業服は、現場の環境に対応できるように、防寒、保温、防風、ストレッチ性、速乾性などに注目して改善をしてきました。

すると、こうした機能性を高めるという点では、登山用品と重なる点が出てきました。もちろん違いもあります。

登山用品はエベレストなどの最高峰の山を克服する目的がありますし、作業着はそこまでの機能を必要とはしていません。

一般のアウトドアライフを楽しむ方々にとって、エベレストに上るわけではありませんので、そこまで高価格、高機能の登山用品は必要ありません。

バイクでツーリングするのは、防風と保温性のある服を着て出かければ、体の快適性は、良好なままツーリングを楽しめます。

地方であれ、都市であれ、冬の普通の寒さは、登山をするほどの機能性は必要ありません。

防風と保温に気をつけてきておけば、問題なく日常を病気せずに過ごせますから。

登山用品と機能性が接近しつつあるのに、値段が抑えられているのには、メリットがたくさんありますね。

 

ファーストファッションの問題点

ファーストファッションは値段を抑えて、それなりに良い品質で売られるようになってきました。

値段は安くてもコーディネートすれば、これは楽しくおしゃれに服を楽しめます。以前よりも安価でよい服が着れるようになってきたのは消費者としてはうれしいことですよね。

ですが、筋力や運動を愛する男にとっては物足りない服でもあります。街中で、歩く程度の活動を前提に作られています。

これらの服を着て、運動をするとどうでしょうか?汗をかいてもすぐに乾かないので、濡れたままです。乾くのに時間がかかってしまいます。

足を大きく動かすような動きには対応していませんので、動きにくいです。外での運動では、秋や冬は特に、防風性ののある上着を着ておく必要があります。

寒さで体力を奪ってしまいますから。作業着は、外での活動によっても、磨かれた服でもあります。

普通の服でしたら、外のベンチなどで腹筋をしようとするとこすって服が傷がついたり汚れたします。でも作業着なら汚れるのが前提です、汚れも落ちやすいです。丈夫です。

ファーストファッションも1部機能性のある服を販売していまが、それでも、作業着にはかないません。日常でも、運動やトレーニングを愛する男にとっては、必須のアイテムです。



値段

その商品を購入するときに目的と値段を考えて、どの程度の機能が必要なのかを考えて購入する必要があります。

もともと登山用品が一般ユーザー向けに販売されるようになってきたときには、その暖かさと軽さが新鮮な驚きでした。

そしてファッションセンスもありましたので、購入者が多くなりました。でも今のアウトドア用の服は高価格で、その服を販売しようとするあまり、毎年、前年度よりも新しく開発され、高度になった機能性を宣伝します。

「この新しい素材は前年度比〇〇パーセント保温性を改善している」などです。その目新しさで消費者は購入しようとするわけですが、販売者側の思うツボですよね。(笑)

賢い消費者としてはその最新の高機能な服が、本当に必要なのかと問う必要があります。

山登りのイメージで野生の男を演出したいとか、そのブランドが好きとか、自分で目的があったり、納得しているのでしたら、OKです。

また、高山を実際に克服しようと思っているなら専門の登山用品が必要かもしれません。

実際に厳寒の冬山に登山したいとか、北極圏に旅行したいというのでしたらそうした服を手に入れておく必要があります。

ですが、日常生活とちょっとしたアウトドアの使用を考えるなら、その購入に無駄なお金を払っているということも考えておく必要もあります。

日本の電気製品は高スペック、高機能すぎて、逆に使いづらいといわれていました。

機能を絞って開発され、アジアでの市場を狙った商品を開発したメーカーの商品が、今では日本の市場にもあふれるようになってきました。

電気製品で言うと、「その高スペック必要ですか?」「機能を絞って、安い良質な商品でも十分ではありませんか?」ということと同じです。

自分が実際にどのような場面で使用するのかを考えて購入されることをおススメします。

お金を浮かせてトレーニングを続ける方に使う、モテるために交流会に出る、資格を取って年収を増やす、副業を始める準備にお金をためておく、とかお金の使い道は様々ですからね。

どのような場面で使えるのか?

冬でも暖かい、夏には涼しい服がそろっていますので、普通の街着、部屋着として使えるのはもちろんですが、作業着は機能性がありますので、外に出て活動するのがおススメの使い方です。

アウトドアでの趣味を持っている方やこれから始めようと思っている方は、参考にしてください。

バイク ツーリング

出勤の際に、バイクで通勤をされている方もいらっしゃいます。バイクで大事なのは、風を通さない防風の機能が備わっている服です。

風が通って、体から体温を奪っていしまいますと体調を崩してしまいます。そして、暖かい服を内側に着ることです。

この、基本的な性能を持っている服を着るということが大事です。ツーリングを趣味にしている方は、長時間バイクに乗って移動することになりますので、防風や保温性のある服を着ることが大事です。
話題のイージスも

店舗受取なら送料・手数無料!

ワークマン

釣りを趣味としている人

釣りは趣味にしている方も、気温の変化に耐えられるような服が必要です。特に夜や明け方に釣りに行く方には風を通さない服や保温性のある服が必要です。

それと洗濯が簡単にできる服ということが大事です。魚や潮風のにおいがついてクサくなったり、車の中にも臭いがついたりしますから。

山登り

山登りは低山でもかなり機能性が必要になります。まず汗をかきます。その汗が下着にしみこんだままでは、体の冷えにつながります。

それが体力を奪っていきます。普通の綿シャツで、登山に行くのが、まずい理由の一つです。

汗が抜けやすい、速乾性のシャツなどを使いましょう。登山では、岩などをまたぎ越すにはストレッチ性のあるズボンが必要です。

これもワークマンなら現場でストレッチ性の必要な作業が、あったために十分にその対応が研究されてきています。

岩などで服をこすることがあるとそれで、服が傷んだりします。作業着はその点、摩耗性に優れています。

昔は、分厚く丈夫な服にするために、ごわごわした感じの服やズボンがあったのですが、現代は、動きやすく軽くなってきますので、使いやすい服になってきているのです。

キャンプ

キャンプは静かなブームです。友達や知人といって楽しむという方法もありますし、一人か少人数で過ごすという方法もあります。

いずれにしろ日常を離れるという活動は男に深みを与えてくれますので、こうした活動もおススメです。

キャンプといえば、暗い夜の中、たき火を焚いてじっと見つめて物思いにふけるなんてこともあります。こ

れは、最近静かなブームです。静かにモノを考える時間はとても必要なのですが、ここで問題があります。

たき火といった活動は、やはり服を汚してしまいますので、汚れてもいい服が必要なのです。そうしたニーズにこたえるのが作業服出身の服たちです。作業着なら安心して使えます。

冬のキャンプ

最近は冬のキャンプも人気上昇中です。その理由は。夏のキャンプ場には蚊が多い。暑くてべたべたとしたあの感触が嫌だ。キャンプ場に来たのに、都会並みに人が多い、ゆっくり過ごせない。

その反面、冬のキャンプ場は、蚊が出ない。肌がべたべたせず気持ちいい。人が少なく、時々は当事者のみの独占感。

独り占めできる満点の空や星。何といっても空気が澄んでいる。ゆっくりと友人や家族と、または、1人でたき火を見ながら、過ごすことができるということです。

しかし、この冬のキャンプを支えているのが、速乾性の肌着や暖かいのに、軽い素材のシャツ、防風や防寒に優れる服などです。

昔は暖かい服といっても、綿を詰め込んで厚くしたモノを着ていた時代もありました。

暖かいかもしれないけど、重い、動きにくい、汗かいて濡れると乾くまで時間がかかるなど、今からみると、冬のアウトドアなんて全く考えられないほど困難な状態でした。

しかし、今は服の素材が発達しているために、こんなことができるようになってきました。今の時代こそ冬にキャンプを楽しめる時代なのです。

もちろんテントを持っていく人はテントも必要です。ヒーターや暖房器具なども必要かもしれません。そして、服はもちろん大事です。

雪遊び

暖かい地域に住んでいる方ならあまりなじみがないかも知れません。暖かい地域に住んでいる方も北海道や東北に旅行で出かけて、雪遊びを楽しむ方もいらっしゃることでしょう。

この時は防寒対策をするのですが、大事なのが足元と足元から入ってくる寒気です。この対策を行っておかないと、雪遊びも楽しめません。

寒い地域、風の多い地域、冷え込む工事現場など、その現場で作業をされるプロの方の体を守ってきた作業服なら安心して使えます。

最強

ワークマンの値段は、例えば大手登山用品と保温性についてジャケットやストレッチズボンを比較すると、半額か、3分の1程度の値段でしょう。つまりワークマンは、コスパ最強です。

そして、ワークマンの服は、日常着ることのできる服としてデザイン性にも優れて、1部の商品はSNSでの投稿で話題になるほどです。

これからのトレンドは値段を抑えめにして、デザイン性にも優れ、機能性がある服です。これがワークマンの強みです。

ワークマンにはどのような商品があるのでしょうか?

ワークマンの強みとは、「ワークマンの商品はプロが認める品質と機能を搭載し低価格である。」ということにあります。

ワークマンの強みは、あるべき品質が約束されているということ。価格が購入しやすい商品だということです。

この2つの要素を前提に、商品が作られています。特徴のある商品はそれぞれ、この機能で、この値段!という商品ばかりです。

注目のラインナップ

FieldCore フィールドコア

ファッショナブルなデザインで作業服のイメージを打ち破っています。

高機能で、高品質です。デザインはカラフルで、ファッション性があります。通常のアウトドアブランドの定価の1/3を目指して、商品開発がされています。『山』をイメージしたロゴが象徴するように、もはやアウトドアブランドです。

AEGIS イージス

ワークマンのAEGIS イージスは、休日にも着ることができる、作業着のイメージを覆しているブランドです。そのデザイン性、高性能は一般のファッションに興味関心のある層にも受けていて、SNSでも話題になっています。

RIDE ON イージスシリーズ

ライダースジャケット。防寒対策には最適です。ストレッチ性があるため、動きやすく体にフィットします。

人気商品

それぞれの商品を見ると、長い間、現場で、細かな配慮、工夫がなされてきたことが分かります。だからこそ、人気となる商品となってきたのでしょう。

高機能で、価格が抑えられている例として、その実力を見るためにも、いくつかの具体的商品を見てみましょう。

裏トリコット衿ボアジャンパー

コスパが非常に良い商品です。 中綿たっぷりトリコット生地ですので、大変暖かいです。

衿はボアがソフトで、暖かいため、マフラーがいりません。暖かくなった 春先は、ボアを外して使用できます。

デザインがシンプルなので、女性にもおすすめできます。

ストレッチクライミングパンツ

伸縮率130%で、約500gと超軽量です。

ストレッチ性のある生地が使われているため、 体の動きをを十分に生かせます。股を大きく広げても突っ張らないクライミングカットが使われています。

モデルによっては、静電気が起きにくい機能が備えられているものもあります。

冬場のあらゆるシーンに対応しています。

防寒ブーツ

作業で培われてきただけに、足元への配慮がなされたワークマンのブーツなどの商品はワークマンの特徴を表しているといえます。アウトドアでも、タウンでもいろいろな場面で使えます。

まず軽さに注目です。 片足約250g。ワークマンのブーツは軽いです。中綿が入っていますので、保温性があります。

ワークマンのブーツには、作業靴で培ったWクッションが採用されています。防水性は接地面から4cmまでありますので、急な雨でも安心できます。ホント、実用的ですね。

レインウェア

雨の時にバイクに乗ると、雨水が侵入してきて嫌な思いをした方もいらっしゃることでしょう。

ワークマンのレインウェアには、ヘルメット着用の際に、首回りからの雨の浸水を防ぐ、レインネックガードがついています。

ワークマンのレインウェアには、パンツ後部からの雨の浸水を防ぐバックガードもついています。ワイドオープンマジックで、ブーツを履いたまま着用することができます。

ワークマンのレインウェアは、安全面も考えられて、反射テープも付いています。腕を上げても突っ張らないので、動きがスムーズです。裏(内側)にはメッシュがついていますので、ベタベタしません。
雨の日にワークマンのレインウェア、滑らない靴でお出かけ

ワークマン

チラシ

チラシが最強です。今のチラシはインターネット上でも見やすくなっています。実際、店に行って服を選ぶのって、案外大変ですよね。

信頼できる商品なのか?検討しないといけません。服を見て歩くのにも時間がかかります。お店に行くくのに30分の距離。お店を見て回るのに1時間。

このブランドって信頼できるのか?と、商品を見て考えるのに30分。そうだったとしても2時間もかかってしまいます。

ワークマンなら、現場で鍛えられたという実績がありますので、ニーズに沿っていれば安心して選べます。

見て回る時間を減らして、映画や動画を見るなど、自分の好きなことに費やしたいなら、安心して選べる商品を選ぶ必要があります。

お店に行くのは、案外、時間がかかります。お店に行くのが趣味という人なら良いのですが、買い物は手早く済ませたいという方にとっては、チラシから、商品を選ぶのは賢い方法です。

ネットでの買い物は常に、信頼性があるかどうかを気にするところですが、ネットの商品を扱っていても、実店舗でも信頼を勝ち得ているワークマンなら安心です。

全国に店舗もあるのです。いい加減な商品を売っているわけはありません。それに、長い間、作業着が必要な方々から購入をされてきているのですから、そのことを考えても信頼性があるといってもいいでしょう。

チラシは見やすく整理されていますので、スキマ時間に眺めて、購入すればカンタンです。

わざわざお店に足を運ばなくてもいいのですから、便利です。ワークマンといえば、機能性ですよね。その機能についても、チラシでは、わかりやすく簡潔に、ポイントで説明をしてくれています。

これだと、お店に行って聞くよりも、その機能性についてのポイントを視覚的に素早く理解しやすいです。

目から入ってくる情報なので、必要なものが、パッと見ることができますので、便利です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする