レザーブランド 買いかえる時が人生改善のチャンス。やりがちなマチガイを避けて財布のパワーを自分のものに。

財布についてのお悩み

「お金持ちになることと、財布には関係があるのか?」

「財布でモテたい。」

「有名ブランド品はロゴマークが気になるので、嫌だ。」

「どうせ持つならいい財布を持ちたい。」

「大人の男が持つべき財布とはどんなものがいいのか?」

「仕事ができるようになる、そうした男が持つべき財布ってどんなの?」

「 過度な装飾を削ぎ落として、シンプルで使いやすい財布がいいな。」

「パーツひとつひとつにこだわって職人が作りこんでいる財布がいい。」

「毎日のモチベーションが上がるような、見るだけでパワーもらえる財布があればいいな。」

「持つだけで金持ちになるという財布ってどういうこと?」

「支払いがスムーズに、効率的に行えるような財布がいいな。」

財布についてのお悩みは意外と多いですね。

購入するときに、迷った経験を持つことが多いのが財布選びです。どんな視点で財布を選んでいけばいいのでしょうか?

お金にかかわることなのに、迷信のような説がまことしやかに流されていることもあります。

そんな噂話レベルの情報を当てにしていては、大事な財布を購入する際に迷ってしまうのは当たり前です。

財布は、実は、あなたの財運のパートナーともなるものなのです。

金運を招く財布の買い方

質の悪い持ち物を持つと、メンタル面でマイナスになってしまうことがありますので、気をつけましょう。

全ての服や靴、ブランドにこだわって、最高級品を常に身につけましょうとは言いませんが、いいものをいくつか持っておくとよいものがあります。その一つが財布です。

良い品質の財布を持っておくと、どうなるのでしょうか?例えばこんな感じです。

お財布を取り出します。上質感、その見た感じが、自分の目を通して、気分を高揚させてくれるか、安らかにしてくれるか、いずれにしろ感情にプラスに働きます。

お財布を開けます。そのお財布の高級感が自分の指の感覚を通して脳に刺激を与えます。

そして、いい財布なので、お金を丁寧に入れます。お金を丁寧に入れる習慣がつきます。

財布を、取り出し、見ているときに無意識の中でこう考えます。「俺はこの財布を持つのにふさわしい人間である」と。

逆に、安っぽい財布を持ったときにはどうでしょうか?安っぽい財布をもって、毎日お財布を開けてみます。

「どうせこんな財布だし、お金なんてたまらないや。」と、その時だけつぶやいているだけではありません。

あなたの無意識は、自分が安っぽい財布を持つ程度の人間なのだということを常にインプットしてしまうのです。

しかし、いい品物を持つと、私は、こんなに1流品の財布を持つのにふさわしい人間なのだ思いこむことができるのです。



お金持ちになる財布と思考

お金持ちは、質の良い人生、質の良い食事、質の良い持ち物・・・、そして、質の良い財布を購入しています。

それでは、お金持ちはどのような発想で財布を選んでいるのでしょうか?

質のいいモノを持つ方がよいとされるのは、思考とモノはつながっているからです。

ときめくモノとお店に行く前に決めていた予算内のモノ、さて、いったいどちらを選べばいいのでしょう?

自分で見た時に直観的に「これは私にフィットする」とか「ビビッと来た」とか感じることがあります。

お店に入ると、あらかじめ決めていた予算より、髙い財布がある。値段の高い財布の方がわくわくする。そんなとき、あなただったら、どうしますか?

結論を言うと、自分の本心に沿って買った方が後々お得です。「あの時、安い財布にしたけど、この財布はどーもなー。」なんて、後々まで感情を引きずるのって、結局、ストレスです。

お金持ちは自分の心に忠実に、行動しています。モノを買うときも直観で、気持ちや心にフィットする、妥協しないものを購入しているのです。そして、よいものを持っておくと自分の感情が肯定的になります。

思考とモノはつながっていますので、自分の直観に沿って買うのがおススメです。

インスタ映え

ここで紹介する財布はインスタ映えもします。ですが、インスタ映えを目当てに財布を購入するのはおススメしません。

インスタ映えにはデザインが、必要以上に盛っている感じが必要です。ここで紹介している財布は上質で品格のある財布になりますので、必ずしもインスタでの紹介に有利とはいきません。

しかし、財布の本来の良さ、あるいは、男が小物を持つというときに、必要な要素を兼ね備えている財布という意味で、グレードの高いものです。

インスタでも高級感は伝わるのですが、インスタなどのSNSが必要以上に目立つ写真を掲載するという流れを考えると、インスタにはふさわしいとは限りません。

財布を他人に特に見せびらかす必要はありません。財布とはそんなものではないからです。

じっくりと丁寧に付き合っていくと、味わいの出る本物の財布は、他の人から特に注目を浴びる必要もなく、自分の感性にあったモノを自分の確信とともに持ち歩くものです。

誕生日 新年 年収を変えると決断をしたとき時。おススメの買い替えタイミング。

1年間の中で転機といわれる時期があります。新年、誕生日、そして、年収を変える時です。

新年の決意とともに新しいことにチャレンジするときに財布も変えてみませんか?過去の思い出も新しい財布に変えることでチェンジできます。

安い財布しか買ってかなかったとか、いい財布だけれども古いので買いかえようとか、新年になった時にはチャンスです。

また、誕生日は自分の生まれた日ですから、自分の人生を振り返って、新たな気分で決意するチャンスです。

こうしたときに、持っている財布を変えてみましょう。プレゼントとして受け取ることもありますが、自分で自分の決意とともに、イメージを変える意味でも、財布を買いかえてみましょう。

2つ折りばかり買っていたという人は長財布にチャレンジしてみましょう。長財布ばかりの人は、2つ折りの財布にチャレンジしてみましょう。

たくさんのカード類を持ってきた方は、カードを捨ててシンプルにしてしまうのも大きな変革です。

今までの、これが当たり前を変えてしまうのは、日常の冒険とも言えます。

逆にカードを持ってなかった人は持って、自分の選択肢を増やし、モノを買って楽しむということもやってみるといいです。

年収を変える決意をして、資格を取る、副業する、起業する、転職する際にもおススメです。

自分の未来を変えるわけですから、こうしたときこそあなたの財布も変えることをおススメします。

 

年収に合った財布 年収を上げるための財布

高級品はお金がかかるので損という方がいます。ですが、良い財布を持つことで自分に対する考え方を変えるというチャンスでもあるのです。

お金がかかると考えている人は、その分、仕事で頑張れる自分になる、時給アップを考えるチャンスと考えて収入増を考えるとよいです。

人生の不調時に、服を買ったり、財布などの持ちモノを買ったりするときに、安いものを買おうとしている自分を「これではいけない。成功する自分にふさわしい良い服を持ちモノを持つのだ。」と考えて選択しなおした方もいます。

財運と冒険心

このサイトをご覧になっている方は生き生きと人生を楽しんでいる方か、まだ、そこまでにはなっていないけれども財運に恵まれて、いい人生を生きようとされている冒険心のある方でしょう。

財運は新しいことにチャレンジして、起業や資格の取得など、より困難な課題を克服し、収入源を得るようなチャレンジを行うことで得られます。

そうした道を自分で切り開いた方に財運はおとずれます。現代は、AIや効率化によって、普通の仕事が貧しさにつながってしまう時代です。

冒険心を持ちつつも、沈着冷静で大人の視点を持つ男には、1流の技術、品質、伝統のある財布がきっとあなたの財運サポーターになってくれるでしょう。

大容量な財布は野望に火をつける。

大容量な財布、カードもお札もたくさん入れられるような財布を買う。そして必要がなくなったら、スリムでコンパクトな財布に買いかえるという人生もあります。

その理由は、欲しいものがたくさんあり、たくさんのお金を使いたいからです。人間は自分の野望に火を付けてみないと、その野望がどの程度のものなのか、そして、その野望がうまくいくのかいかないのかもわからないのです。

すると、必然的に小さな安っぽい財布ではなく、高級感があって、たくさんのものが収納できるような財布を求めてしまうのです。

安い財布だけ持って自分の野望を満たそうとする姿って想像できます?野望を抱くといい服が欲しくなりますし、いい財布が欲しくなります。

コンパクトな財布は贅肉を削ぎ落とす。

そうして、野望がある程度満たされたなら、今度はスリムな財布に買いかえて無駄なものをそぎ落とすという方向に向かいます。

野望を遂げたあとは、今度は自分に必要ないものは削っていくのです。でも、最初から、野望を満たそうとしないままの人生はつまらなくありませんか?

そうやって男は野心を持って生きるわけです。そんな財布と共に歩む人生もあるのです。

ブランドをどう考えるか?

ブランド品が好きといって有名ブランドを選ぶ方もいますが、その人が好きなブランドを持つことは良いことかもしれません。

ですが、一番大事なことは良い品質の皮を使っている、作りがしっかりしている、自分の直観がYESといっているものを購入されることです。

モテる効果

良い財布を持ってお金やカードをスムーズに出せるようにしているとかっこいいですね。

女性からも注目されることになります。服が貧相だったり、仕事の仕方がでたらめだとその効果が失われてしまいますので、良い財布を持ち、稼ぎ、財布に見劣りしないような人間になろうと努めることです。

支払いの時に見えてしまう財布がみすぼらしいと、女性からも、周囲の方からも幻滅されてしまいます。

大人の男を感じさせる財布が見えたり、支払いがスムーズだといい印象を与えます。

お金よりもカードの方がスムーズなのでカードがいいともいわれますが、お札がきれいに整理されて、支払いがスムーズであれば良い印象を与えることになります。

財布の印象はその人のお金に対する考えと行動を示すことになります。ここで紹介している財布はすべて1流の男が愛する素材を使った財布です。つまり1流であることを伝えることができるのです。

素材

モノを買うときに、選ぶべきポイントを上げるとするなら、素材を外すことはできません。

それは財布を選ぶときにも同じです。ここに紹介している財布は男の持ちモノとして、最高の素材を使っているものばかりです。

日本伝統の藍、クロコダイル コードバンなどは1流の男たちから愛されてきたものばかりです。

これらの記事を参考にして、一流品とは何かと考えるきっかけにしてください。

どこで買う?

ノーブランドで通販という選択を考えてみましょう。有名ブランド品は安心であるのですが、そのブランドの商品というだけで値段が上がってしまいます。ブランド料という費用です。

生地がよく、仕立てはよいけれど、有名ブランド品ではないといったスーツを見かけることがあるかと思いますが、ブランドでなくても、良い生地で、良い仕立てだと、いい商品となります。

しかも、ブランド料がかからずにコストパフォーマンスがよくなります。更に、お店を構えると、立地にかかわるコストや人件費などで値段が上乗せされてしまいます。

そうしたことを考えると、ノーブランドで通販という選択肢は考えてみるに値します。

風水だけで決めます?

雑誌やテレビ、インターネット上の情報からいろいろな情報を受け取りますね。風水や心理学で、この色がいいと勧められることがあります。

長年の研究でそのような考え方があるわけですから、それも一考に値します。ここでは青を例にして考えてみましょう。

同じ青といっても、いろいろな色があります。深みがあって、植物から出てきた青は、私たちになじみのある感覚を引き起こします。

でも、安っぽい、合成塗料を塗ったかのような青もあります。同じ青といっても、見た感じ、持った感じ、肌触り、高級感の有無など様々な違いがあります。

青といってもつやがあって気品のある青もあれば、すぐに色あせてしまいそうな青もあります。本物の皮で作られた、技術を駆使した、良い技術に基づく染め方ももあれば、安易な技術もあります。

長く使っていたい、使い込むほどに、その良さが引き出されてくるといったように感じることができるのは、素材や熟練した技術に基づく、青であるのです。

多機能

財布のなかで、現金やクレジットカード、各種カード類を整理したいという方もいます。

シンプル派の方もいれば、多くのものを持って歩きたい、持って歩く必要性がある方もいます。

多機能を求める方には、整理のしやすさが、選択するポイントになります。

色合い、風合いといった印象はその人の自己イメージにも影響を与えますので、大事なのですが、中がごちゃごちゃしていたら意味がありません。

整理ができていない財布は、自分の思考をかき乱してしまいますので、整理のしやすい財布をおススメします。

長財布 2つ折り財布。どちらがお金持ちになれるのか?

長財布の方が、お金を折らずに大切に扱うことになりますので、お金持ちになれるという説があります。

しかし。実際には、お金持ちにも、2つ折りが好きな方もいますし、マネークリップを持っている方もいます。

お金、カード、小銭など全てをを財布に整理して持っている方もいます。しかし、共通しているのは、お金を丁寧に扱っているということです。

お金持ちの財布には、お金が折れたまま入っていることはありません。逆に、お金持ちは、お金の向きをそろえているという方は多いです。

金種ごとにお札を分けて、取り出しやすいようにしている方も多いです。

小さなことかもしれませんが、支払いの時に時間がかかったり、ブレがあったりということがないように普段から気を付けているということにつながるのでしょう。

お金を整理して入れるのは、お金が大事であるというメッセージを自分に対して発信しているということになりますし、お金を取り出しやすく分けて整理しているのは、時間を大事にしているからとも言えます。

このことを意識すれば、長財布でも、2つ折り財布でもどちらでも構わないということです。

何色がいい?

その答えは、人によってさまざまですが、一つの答えとして青色の財布を提案します。その理由とは・・・



青い財布

茶色や黒、グレーの財布を持っている方が多いのですが、ここでは青い色の財布を取り上げてみます。

それは、青色の財布の良さを知っている方が少ないからです。周りの方の財布を見るとほとんど、茶、黒、グレーなどの色です。

でも、持っている方が少ないなら、希少性の意味もありますし、きれいな青い財布を持っているのは、注目されるかもしれません。

決して見せびらかすわけではないにしても、お金を払うときには取り出しますから。

青はラッキーカラー

ラッキーカラーという言い方をすると、「偶然にお金が舞い込んでくる」なんていうことを連想する方がいるかもしれません。

しかし、本当のラッキーカラーというものは、長い付き合いで深くあなたを改善していくものです。

海や大空を見ると心が落ち着き、疲れたとしても、また、もう一度頑張ろうと思います。

その青は大自然の色ですから、私たちに強い影響を与えます、人間が作ったモノも長い間、積み重ねてきた伝統的な、ほぼ芸術ともいえるような色合いを出すものもあります。

そうした色は私たちに海や空と同じように意識に影響を与えるのです。

風水マスターが教える青の意味

青色というと、空、海、地球、水を思い浮かべます。これらのイメージは、静かで落ち着いた感じがします。

青色は精神を落ち着かせてくれる色です。青色は安心感を与える色であり、知性・冷静・沈着の色です。

人は、不安があるときに、青色を見ると落ち着きます。悩み事、迷いがあるときには、青色を見ると落ち着いて思考することができます。

そして、その結果、決断、判断も適切に行えます。青色は、海でもあります。海は、生命力、そしてそこから成長をする生命の元となるものです。

青色は成長、希望、命を養う色、エネルギーです。そのイメージが人に与えるのは仕事、才能、人生全般に大きな成長のパワーをもらえる色であるということです。

スクモレザー ラウンドジップ長財布

おススメの青色の財布スクモレザー ラウンドジップ長財布とは?

青色の財布

財布の選択をするときにどの色がいいのかと迷うことがあります。その答えの一つが青色です。

この財布ですが、青色がいいですね。どうして、個性的な藍色の風合いが出てきているのでしょうか?

徳島産・天然染料「すくも」で染め上げた天然本藍染革「SUKUMO Leather」を、贅沢に使用しているからです。

その青色のヒミツとは日本の伝統にあります。

約600年前から続く伝統製法を今に伝え、徳島県・阿波地方にわずか5件しか残っていない藍師のおひとりが、徳島県産・阿波藍を育て、乾燥・熟成・発酵を繰り返すことで、種まきから300日もの時間をかけて、天然染料「すくも」を作り上げていきます。

その「すくも」を使って革に藍染を施すのは、京都の染師です。濃い青色を出すときには、約40回も浸しては、汲み上げる作業を繰り返して色を出しているのです。

これは、まさに日本の伝統から生まれた究極の色合いとも言えますね。藍色の色合いが好きな方は多いですが、大人の品格というものを感じさせます。

それにしてもすごいですね。財布の色合いには、日本の伝統技術も関わっている、しかも、革製品なのに植物の色合い、日本人が好きで高級感を感じさせる藍の色合いが、この財布の上で実現されているのですから。

日本のストーリーを感じることのできる財布です。

デザイン、色を含めてその印象は。 飾り気のない男らしい無骨さという雰囲気ですが、色は日本の伝統色を使っているのですから、日本人には、なじみますね。

この色合い、実は最近、外国の方も興味を持ってきています。日本好き、日本の伝統の仕事や日本の感性を評価する外国の方が関心を持つようになってきています。

仕事中にも使いやすいですが、遊びの時間やリラックスしているときに見るのもいいですね。

大人の男としての魅力を一層引き立ててくれる財布です。

長持ちさせて色合いの変化を楽しむ。

伝統の色合いを見ていると気持ちも落ち着く感じがしますね。良い革と素材を使った財布は、 使い込んでいくと一層、味わい深く変化していきますので、経年の変化も楽しめます。良い革製品は、ある程度使いこんでいって、味わいが出るのです。

コードバンキーホルダー (キーケース)

上質さの代名詞ともいえる「コードバン」。「コードバン」を使ったキーホルダー (キーケース)は小さなものですが、きらりと光る一品です。

「コードバン」を使ったキーホルダー (キーケース)とは?

「コードバン」を使ったキーホルダー (キーケース)はシンプルなものなのですが、上質な大人の持ちモノという印象を与えます。

プレミアムな素材の質感は、過度な装飾がないだけに素材感が前面に出て強調されます。

キーホルダー (キーケース)は、各種の鍵を入れて使います。日常生活の中で、家の鍵など日々何度も使います。

そのたびごとにキーホルダーに触れることになります。1日の中で、このキーホルダー良さを感じることが何度もあるというわけです。

どうしてそのように感じるのでしょうか?それは、革のダイヤモンドと呼ばれる「コードバン」を素材の主役として選び、革職人が自らの手ですべての工程を手がけているからです。

透き通るような光沢を目で見ることができますし、手に取り、触ってみれば、滑らかな肌触りを感じることでしょう。

コードバンとは?

馬のお尻の革です。量が僅かですので、大変貴重な高級素材となっています。

その繊維はとても緻密で、強靭さについていえば牛革の2倍あるといわれています。

「上質の代名詞」「革の宝石」「1流品の証」など、様々に表現されて称賛されてきた革です。

コードバンは光沢があり、美しい革ですので、とても人気が高いです。丈夫で長持ちしますので、重宝されています。

コードバンを活かす技術

「コードバン」に備わる素材の魅力を最大限に引き出し、長く愛着感を抱かせるのは、革職人の熟練した技術によるものです。

パーツひとつひとつに時間を費やして作りこむことで、薄さ・軽量化・耐久性を実現を実現しています。

例えば、コバといわれる部分です。革の裁断面は、何層にもなっています。この部分は、日常生活で使用する際に、一番ダメージを受けやすい部分です。

ここは、磨いて整える必要のある場所です。このコバ磨きが製品の仕上がりを左右するといわれる重要な場所です。

職人の腕が問われるコバを、革の繊維感がなくなり滑らかになるまで、時間をかけて、均一な面に仕上げることで曲げや伸びに強くなるのです。

「クロコダイル」マネークリップ

お金を持ち運ぶのに、大きな財布やたくさんの機能なんていらない、最小限の紙幣と必要なカードだけを持ち運びたい方という方に最適です。

大きくなく小さな財布だからこそ、上質で無駄がなく洗練されたものを持つ必要があります。

大人スマートなマネークリップは 、そうした無駄ないそぎ落とされたマネークリップをもちたい方には、『LE’SAC』クロコダイル マネークリップが最適です。

革の宝石と呼ばれる「クロコダイル」の発色美と特有の艶感はシンプルで小さなマネークリップだからこそ注目されます。

高級素材のクロコダイルの特徴は、鱗の形状特有の美しさにあります。

鱗の形状は一つとして同じものはありませんし、他の革製品と違って、クロコダイルならではの立体感を作りだし、宝石といわれるのにふさわしい光の乱射を招きます。

この光具合を見て今までクロコダイルの皮を宝石と呼んできたのでしょう。クロコダイルは、見るものに強い印象を与えます。

そして、なんといってもその革の持つパワーを感じ取ることができるということです。

あの口の大きさ、そして噛み切り、飲み込んでやるという野生のパワー、体を低くして、大地とともに用心深く獲物を狙う姿。

野心を持っている男にはふさわしいイメージですね、

あの鋭い歯、動くときの獰猛なパワーを、体を鍛え、常に野生の感覚を感じていたい方なら、このクロコダイルのマネークリップが最適でしょう。

大人のステージを1段階高めてくれる上質さを感じ取るならこうしたマネークリップがおススメです。

経験豊富な日本の職人がひとつひとつのアイテムごとに最も見栄えの良い組み合わせを熟考しながら作っています。日本国内で生産・加工を行っています。

内装は牛革を使用しています。最初は硬いという印象を持つかもしれませんが、使いこむことで 柔らかく馴染んで使いやすくなります。

高級素材を使用しつつも、コストが抑えられているところががいいですね。

公式サイトはココから↓↓



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする