モテるスクワット のやり方。健康、美容効果だけでなく人生100年時代にも。

Contents

モテるスクワットの正しいやり方

このページでは、スクワットトレーニングについて紹介します。体やトレーニングについて以下のようなお悩みがよく聞かれます。しかし、そうしたお悩みはスクワットで解決できるものが多いのです。

「ヨガや筋トレ、いろいろなエクササイズがあるけれど、どれが効果的?

「お腹がポッコリしているので、何とかしたい。」

「たるんだお尻、細くならない太もも、どうにかしたいんですけど。」

「時間がないので、短時間でポイントを押さえたトレーニングをしたい。」

「お家で効果的なトレーニングをしたい。」

ジムに行く時間がない。」

「近くにジムがない。」

「毎月お金を取られるトレーニングジムは嫌だ。」

「効率的にウエストシェイプ、下半身シェイプをしたい」

「スクワットは関節に負担がかかりそう。」

ながら運動で楽しくダイエットする方法ってないの?」

「すき間時間にダイエットしたい。」

正しいスクワットのやり方を身につけたい。」

「膝の関節・腰に負担をかけない正しいスクワットの方法が知りたい。」

「有名芸能人の活力、元気の素を知りたい。」

「絶対痩せる。とはいっても何をすればいい?」

あの有名な芸能人、女優の成功の裏にはスクワットがあったということ、スクワットと成功の関係も徹底的に検証していきます。有名な芸能人、女優の持つオーラ、気力、パワーも実は強い足腰が支えていたのかもしれません。

このページでは、あの有名な芸能人、女優のスクワットを中心とした健康法を紹介し、長年、健康で活躍するにはどうすればいいのか、さらに魅力ある生き方をするためにはどうすればいいのか?

更に、人生100年時代ともいわれる現代を生きる私たちの人生のヒントになること、正しいスクワットの方法やなぜスクワットをした方がいいのか、スクワットを正しいやり方で簡単に身につける方法、継続しやすいスクワットの方法まで紹介しています。

ぜひ、健康な生活やお仕事、魅力ある男女でいるための参考にしてください。


昔の人もスクワットのトレーニングをしていた?

長寿村を研究した結果、野菜を食べていること坂道を歩いていることがその理由だという研究があります。坂道を歩くと、太ももが鍛えられます。足腰が鍛えられます。

「すぐに、坂道を毎日歩きましょう。」といいたいところですが、今は、なかなか難しいですよね。都市は基本的には平地ですし、「坂道といってもどこか遠くに行かないとない」「近くにあるけれど雨降ったりすると道が悪くなって、靴が汚れるんだよね」等、現代は簡単に坂道を歩いて、太ももを鍛えられるという環境ではなくなってきています。

でも、太ももを鍛えておくと体力がつき、元気に過ごせたり、筋力アップにつながったり、ダイエットにもつながったりするので、鍛えたいところですね。

でも、わざわざトレーニングジムに行って、鍛えるのも面倒だし、そんな時間はない。息切れしたり、時間がかかったりしてトレーニングがつらいという方も多いです。

しかし、長い時間をかけなくても、トレーニングはテレビを見ながら回数を決めて、1分だけやるということも有効です。短時間の有効なトレーニングを行うことが現代人の忙しい時間の活用方法です。

理想的なスクワットを知りたい方は

あの有名芸能人、女優の健康法

あの有名な芸能人、女優とは森光子さんのことです。森光子さんと聞いてどんなことを思い出しますか?または、どんなイメージがわきますか?

「舞台『放浪記』の女優さんだろ。」「スクワットで有名だったよね。」いろいろなイメージをお持ちでしょう。

森光子さんは舞台『放浪記』で活躍された芸能人、女優さんですが、上演2000回という前人未到の記録を達成されたというだけでなく、非常に魅力ある方でもありました。

このサイトは魅力ある男女を作るためのサイトですから、森光子さんの人生や運動方法などその魅力を引き出したライフスタイルは、きっと参考になるはずです。

ぜひ学んでいきましょう。そして、森光子さんに倣って、魅力ある人になりましょう。

森光子さんの舞台を支えたスクワット

芸能人、女優の森光子さんといえば舞台『放浪記』やテレビで活躍しました。森光子さんの代表作は1961年にスタートした『放浪記』です。『放浪記』は48年もの長い間公演は続きました。

48年もの長い間公演が続いたということは、舞台で長年、お客さんやスタッフの方からモテ続けてきたということです。2009年5月9日(89才の誕生日)には、上演2000回という前人未到の記録を達成しました。

2000回もの公演を行ったのは世界でも稀なケースです。2000回もの公演を支えたのは、実は体力をつけるためのトレーニング、中でもスクワットだったといわれています。森光子さんといえばスクワットという話が有名だったのです。

92才でお亡くなりになりましたが、元気な姿を、舞台で見せ続けていた森光子さんの、その健康法の秘訣は何だったのでしょうか。

目標を持って続けたから達成できた?体を鍛えたから達成できた?その秘密を探ってみましょう。上演2000回。

こうした偉業を成し遂げたのには、目標やモチベーションということもあったのでしょうが、その目標達成に意欲を燃やし、モチベーションを支えた肉体、健康、鍛錬方法があり、それを実践したからだと言えそうです。

芸能人、俳優を志す方でなくとも参考になることが多いでしょう。スクワットをやると肉体のみならず気力に影響を与えるとも言われていますので、普通の社会人や起業を志している方、自営業で収入を得ている方にも参考になることでしょう。

「私もあんな風に元気で生き生きと活躍したい。」「私もあの年になってもあんな風にできるだろうか?」などファンの方々は、男女問わずに、「森光子さんが目標」「森光子さんのように、まるで若返るかのような人生って最高。」「あの舞台観るだけで、モチベーションが上がる」といわれて多くの人を魅了してきました。

つまり、モテ続けてきたのです。こんな森光子さんに一歩でも近づきたいですね。

森光子さんから学ぶ、仕事、健康法の極意

こんな森さんから元気、パワーの秘密を学びたいですね。森光子さんのパワー健康法のヒミツを探り、検証してみました。

森光子さんの魅力のヒミツ スクワット

森さんといえばトレーニングメニューを組み、かかさずに取り組まれていたことでも知られています。中でもスクワットをよくしていたということで、森さんといえばスクワットというくらいに有名になっていました。
ホテルの部屋ではスクワットして、スタッフの誰より元気だったというエピソードがあります。こうしたスクワットトレーニングを続けた結果が森さんの舞台だったというわけです。

森光子さんはスクワットをどのくらいの回数していたのか?

森光子さんが1日の内で、どのくらいの回数していたのかというと、朝起きてスクワット75回、夜寝る前に75回、計1日150回は欠かさずしていました。

多いときには、200回もしていました。スクワットといってもハードではなく年齢に見合ったものをしていました。更に、膝が前に出すぎないようにスクワットのコツを心得ていたということです。

これらのエピソードが語るように、スクワットのトレーニングには熱心でした。筋力を上げて、バランスをよくし、動きを保つために行うトレーニングなどもしていたようですが、スクワットは、特に、熱心にされていました。

スクワット以外にもトレーニングメニューをこなしていましたが、スクワットを大事にされていたということは注目に値します。スクワットが気力のもと、気力が充実すると若返るのかと思わせるほど活躍を見せた森光子さんの存在そのものがエビデンスとも言えます。

おすすめのスクワットトレーニング

森光子さんの食事 野菜中心の多品目少量の食事 そして肉

食事も気になるところですが、森光子さんは野菜中心の多品目少量の食事を取っていました。サーロインでもヒレでも100g近いステーキをぺろりと食べてもいたということです。野菜と肉がパワーの源でした。食事の内容に気をつけていたことがわかります。

森光子さんとお酒

森光子さんはお酒については飲まれなかったようです。

森光子さんの健康法 頭の柔らかさ

森光子さんは、ギャグやジョークも飛ばし機転もきいていました。スクワットをやるとジョークやギャグが言えるようになるというわけではないのでしょうが、ジョークやギャグを飛ばす気力はスクワットが支えていたかもしれません。

気力がないとギャグ飛ばせませんよね。ギャグやジョークも練習によっては上達しますので、トレーニングのついでに、ギャグやジョークも練習してみるといいかもしれません。

森光子さんとスイーツ

 森光子さんはスイーツは和洋とも好きで『放浪記』の出演者が集まる朝のお茶会には欠かせないものだったようです。森光子さんはお茶と甘いものでリラックスして、舞台に臨んでいたということです。

お酒は飲まれないので、禁欲的なのかというと、そうではなく、甘いスイーツでリラックスする時間も大切にしていたのです。スクワットを中心としたトレーニングはハードだったかもしれませんが、リラックスできるスイーツも一緒に生活に取り入れていたのです。

こうしたエピソードを知るとなんだか親近感を持つ方もいらっしゃることでしょう。

スイーツや肉に偏るのはいけませんが、適度にとることは良いことです。森光子さんは、野菜中心の多品目少量の食事をしていましたし、スクワットなどのトレーニングもしていました。

これで、バランスをとったり、モチベーションを上げることになったのでしょう。

森光子さんのスクワットとバランス

野菜、スイーツや肉、スクワットを中心とするトレーニング、頭の柔らかさなど、どれもが森光子さんの人生や舞台を支えたものでした。そしてこれらは、すべて関連があるものだということも想像できます。

野菜や肉という食事は健康をもたらしましたが、それだけではなくスクワットを中心とした運動がその食欲を支え、肉体を作っていたのです。スクワットをやり続けていたと聞くと、ストイックなイメージを持つかもしれませんが、厳しい鍛え方をしても、ユーモアやほっこりとした時間を過ごすためのスイーツの時間も忘れてはいなかったのです。

森光子さんの生き方が人生100年時代に示唆すること

人生100年時代といわれる現代において、芸能人、女優として高齢者となるまで、長期間の活躍をしていた森光子さんのライフスタイルは参考になります。老化という言葉をはね返してしまったかのような人生です。若返るという言葉がふさわしいほどの活躍ぶりです。

人生100年時代構想という言葉をよく耳にしたり、見たりしますが、人生100年時代構想とはといっても人生100年時代構想そのものがいつから始まったかというとごく最近のことです。

しかし、100年時代の人生に参考になるライフスタイルを送っていたごくわずかの方々が存在します。森光子さんはそうしたモデルのおひとりとして参考にできる方です。そうした方の人生を参考にしてこれから、人生100年時代を生き抜く体力と知恵を身につけていかなくてはいけません。

人生100年時代においては、「キャリア・オーナーシップや「成果」を出 すマインド、そのための社会人基礎力は必要不可欠な土台。」※が必要です。

森光子さんの2000回もの公演を行ったという偉業は「成果」を出すマインドの結果そのものです。

そのマインドを支えた体力、気力は森光子さんの健康法、スクワットを中心としたトレーニングによるものです。森光子さんの長期間での成功は人生100年時代において示唆に富むものといえるでしょう。

(※引用元「人生100年時代」を踏まえた「社会人基礎力」の見直しについて 平成29年10月 産業人材政策室)

人生100年時代の意味は、いろいろな方々が研究しているのですが、100年の人生を生きるということは、人それぞれ違い、多様なものになるため、自分で学び、考え、実践し、取り入れて継続をしていく必要があります。

どのようなライフスタイルを送ればいいのか?一つだけ言えることは、人生100年時代を生きるためには強力な足腰に基づく気力、体力が必要だということです。

森光子さんの人生はこれらのヒントになります。スクワットを中心としたトレーニングこそ体力、気力の充実をもたらし、人生を変えるものとなるかもしれません。

(犬もやるのかな?スクワットマジック↓↓)

この投稿をInstagramで見る

ジャック(Jack )さん(@com.mako)がシェアした投稿

初心者はスクワットから始める 

森光子さんは芸能人、女優として有名な方で、成功した方です。補助の仕方、正しいトレーニングのやり方に精通しているトレーナーがついていたので、体力をつけることに成功したのだろう。自分には関係ない。

そんなお金や時間はない。関係のない話だと思うかもしれません。しかし、森光子さんも最初から、補助の仕方、正しいトレーニングのやり方に精通しているトレーナーにつくほどの余裕があったわけではないでしょう。

そこで、できることからはじめてみるというふうに考えてみることが大切です。

森光子さんのような成功した芸能人、女優さんにも課題がたくさんあったでしょう。ネガティブになることもあったかもしれません。モチベーションが維持できないと悩んだことがあったかもしれません。

舞台で演技するには動悸、息切れなどの体調、体力面も気づかいされたことでしょう。高齢者となって舞台に立ち続けるのは、なかなか大変なことだったと想像することができます。

森光子さんはそうした不安を克服するためにもスクワットを中心ととしたトレーニングをし続けたことでしょう。スクワットなら、誰でも森光子さんのトレーニングを取り入れることも可能ですし、スクワットは実行しやすいトレーニングです。

皆さんも初心者であってもチャレンジし、継続すれば効果を実感できるようになります。そのためには、効果のあるスクワット 、正しい姿勢ややり方のスクワットを即効性を求めずに、決めた回数でトレーニングを行うことです。→初心者から始められるスクワットはコチラから

皆さんの目標や目的は何でしょうか?森光子さんとは違うものであるとしても森光子さんのモデルは参考になります。

(かわいい。スクワットマジック)

この投稿をInstagramで見る

mochidakaoriさん(@1oto1o)がシェアした投稿

スクワットからから逃げるな。スクワットこそ王道

トレーニングには、ヨガや筋トレなどいろいろな方法があるのですが、こうしたトレーニングは総合的なトレーニングです。

筋肉をいろいろな方向から鍛えるので良いのですが、時間がない、忙しい、短時間で終了させてビジネスを行いたい、楽しいことに時間を使いたいといった時にどうすればいいのでしょうか?

それが一番ポイントとなる場所を鍛えるという方法になります。

現代のトレーニングから少し、思いを馳せて大昔の人類の状況を考えてみると、大昔は現代社会のように平らな道などというものがありません。デコボコであったり、段差があったりしました。

その道を歩き続けるには持久力もそうですが、強力な足腰が必要でした。足腰を中心としたたくさんの筋トレメニューを毎日、自然の中でやっていたということです。

そうした運動量をこなしていた人類が今では、その筋肉を使わなくなってしまっているということは本来使うべき筋肉を使わなくなったということになります。不健康は社会が発展してきたからこそ増えてきたとも言えます。

昔の人類は、現代人のように、1回だけ、一週間だけ、外できつい運動をしていたなどということはありませんでした。毎日狩りに行ったり、山の木の実を集めに行ったりしていましたから、足の筋肉をたくさん使っていました。

でも、つらいというよりも食べるものを探し、目的である食料が手に入れられて、成果と喜びもあったことでしょう。トレーニングは毎日の生活の中で必要でしたから、毎日やっていたわけです。スクワットをする必要がないほど足腰を使って生活をしていました。

こうして考えてみると足腰を使わない現代人は不自然だということがわかりますし、スクワットなどの足腰を中心としたトレーニングは現代人には必要不可欠なものだということもわかります。

正しいスクワットなら効果的

スクワットが有効なのは森光子さんの例でも、大手筋トレジムのトレーニングメニューでもその基礎、主なトレーニングとして取り扱われているということでもわかります。「スクワットからから逃げるな。」トレーナーのそういう厳しい言葉がぴったりなのもスクワット。

スクワットこそシンプルで根本的なトレーニングの一つだからです。「スクワットから逃げるな」なんてちょっと怖い感じの言葉ですが、大丈夫です。リズムよく、隙間時間に効率よくスクワットのトレーニングする方法があります。

スクワットマジック

小さな運動量を継続

効果は上げたいという気持ちは、ホントにそうなのですが、一方で続けられない、継続できないというお悩みがあるというのも事実です。正しいスクワットは気軽であることが大事になります。そして 毎日継続していくことができるということが必要になります。

例えばよし、やるぞと気合を入れて、一日スクワットを何度もやってみた。「運動量を増やそう」「運動量こそが決め手だ」「限界までやってやる」「絶対痩せる」と焦ってしまうことって多いのです。

でも、次の日にはヘロヘロになってしまって、「もうやめた」というご経験をおもちの方もいらっしゃることでしょう。それは多くの方がそうなのでご心配にならないようにしましょう。

でも効果を出したいですよね。効果を出すための対策なのですが、負担となる新しい学習やトレーニングをしようとしたときには1回のするべきことを小さく分ける、軽くするというのがコツなのです。

小さい習慣は身につけやすいですが、量の多いことには、私たちは継続が困難になります。効果は、毎日継続してこそ出るということは学習だけでなくトレーニングでも重要になります。

小さな運動を、少ない回数で積み重ねること。そうすると一か月のトータルの運動量は結果として、多くなるということになります。

初心者のかたは 即効性 を狙って気合も十分に 効果を求めがちになることも多いのですが、 速度 を上げて負荷をかけてとしても、毎日継続できなくては意味がありません。

一番大事なのは、正しいやり方で小さなトレーニングを継続するということです。

高齢者もスクワット

スクワットはきつい運動というイメージを持っている方も多いのですが、スクワットは、実は高齢者にもいい運動になります。森光子さんも高齢になってもやり続けていました。

森光子さんの人生、舞台を見てみると、若返るのかと思われるほどの元気さぶりです。ただし、ひざが痛い方には確かにきつい、苦痛な運動になるかもしれません。そんな時こそ、正しい姿勢が大事ですし、正しいやり方に沿ってやってこそ効果が出るということです。

森光子さんの例に倣って、あるいは、スクワットが本質的で、効果的な運動だからこそ、高齢者になっても、又は高齢者になったからこそ始める方もいるのです。人生100年時代構想を自分の体に当てはめたときに、足腰を中心とした体力こそ大事だといえるでしょう。

高齢になってからチャレンジするのは大変そうと思うかもしれませんが、そうした場合も毎日の運動量や時間などを自分で調節すればいいのです。時間も選べます。朝からやるというのもいいです。

逆に、朝はゆっくりしたいという方は、お気に入りのテレビ番組が始まったら、それを見ながらする「ながら運動」の習慣をつけるというのも、継続性が出て効果的です。

夜、運動をした方が、よく眠れるという方には、適度に運動をして適度に疲れることで、心地よい眠気を誘い、よく眠くなるようになり、ぐっすりと眠れます。大切なのは即効性を求めずにチャレンジし、継続することです。



女性こそスクワット

女性から見るとスクワットはきつい運動と思う方もいるのですが、たくさんの女性もスクワットをしています。足が太くなるという誤解もあるのですが、実際は筋肉質になって細くなることの方が多いのです。

それに女性の美しさは、筋肉がついていないままで痩せている状態ではなく、適度に筋肉のついた美しさこそ健康的な魅力的な女性美といえます。

見た目変化が現れるのには、2か月程度かかるといわれていますので、ゆっくり少しずつ無理しないで取り組んでいきましょう。

太ももの筋肉いちばん大きな筋肉です。この部分を鍛えることにより、体全体の代謝が上がりやすくなります。ウエストのくびれ、おなか、足、ヒップアップなどに効果があるだけではありません。

スクワットのような適度な運動は自律神経の働きもよくなり、夜は自然に 眠気を感じ、眠くなるようになり、 熟睡できます。そして、朝の目覚めも良くなります。肩コリ、猫背なども解消できたという方も多いです。体力、気力がついて、疲れにくい体になるなど、いい変化が起こります。

女性がスクワットをする時間のおすすめは朝です。朝、女性がスクワットをすることにより、魅力を輝かせるための1日の活力のもとになります。

そして、継続していると、心身に変化を感じ、楽しくなってきます。運動量は自分で調整しながらですが、体力がつくと、回数も自然に増えてきます。効果は人によって異なるのですが、チャレンジしてみると効果を実感できるようになり

最も効果的なエクササイズ、スクワット

スクワットは注目されているエクササイズです。その理由は、トレーニング効果が高いと言われているからです。

身体の中でも大きい筋肉である下半身の筋肉から鍛えた方が、エクササイズ、トレーニング後の基礎代謝の向上も期待できるといわれています。中でもスクワットをすることによって使われる太ももの筋肉は非常に大きく、カロリーを一番消費します。

大きい筋肉である下半身を鍛えることで、太ももだけでなく、体全体の見た目の変化も期待できるといわれています。

つまりスクワットは、エクササイズの中でもカロリーの消費量が高く、筋肉量を効率よく増やすことができる筋トレ方法であるということ。それによって、 筋肉のついた引き締まった下半身、太ももを得ることができます。

正しいやり方でスクワット

正しいフォームをマスターして、毎日1分。スクワットを習慣にしましょう。

(スクワットやってますね。↓)

この投稿をInstagramで見る

空時計さん(@soradokei417)がシェアした投稿


全身が映る鏡などの前で行うか、補助の仕方に慣れているトレーナーやトレーニングに熟知している人にチャックをしてもらいながらチャレンジしてみましょう。

呼吸を止めない。ひざが前に出ない。お尻を突き出す。回数を意識するより、筋肉に効いているという実感を感じていることを大事にします。

①スクワットの正しいやり方 最初の姿勢

腕を組む。背筋を伸ばして足を開いて立ちます。

まずは立ち方です。両足を肩幅程度に開き、爪先は少し外へ向けます。胸の位置で腕を軽く組みます。このまま、腕の位置や足の幅が変わらないように注意します。

②スクワットの正しいやり方 沈み込み

ゆっくり腰を落とします。その際、意識はお尻を突き出すようにします。

重心をかかとに預けたまま、太ももの裏と床が平行になる位置まで、ひざを曲げます。肩胛骨を寄せる意識で行うようにすると正しい姿勢が保てます。

③スクワットの正しいやり方 沈み込んだ時の姿勢

沈み込んだ姿勢のチェックをしましょう。

胸を張り重心はかかとになっているか。

太ももと床は平行になっているか。

ひざが爪先より前に出ていないか。

かかと後ろ重心のままになっているか。

腕の位置もそのままになっているか。

元に戻します

姿勢をくずさないようにしながら元に戻します。

足の幅はそのまま。腕の位置もそのまま。最初の状態まで戻します。①から③までを1分間繰り返していきましょう。呼吸を止めないようにして、ももの筋肉を常に意識し、効いている感じを大事にして続けます。

スクワットで、ながら運動

忙しくてジムに行く暇がない。という方もいらっしゃることでしょう。そんな方には、ながら運動をお勧めします。今やっているその場所がジムになりますので、忙しくてジムに行けない方にもぴったりです。

料理を作っている途中にスクワット

食事を準備している間にスクワットを練習します。両手を目の前にある流し台の縁にかけ、背中はまっすぐにして立ちます。

体幹を意識し、ひざの高さまで腰を下げます。この動作を繰り返します。゙目安としては10~30回程度です。スクワットなら、足腰の鍛錬をちょっとした時間を見つけてすることができます。

スクワットは、足とひざ、ももの向 きを一致させることが大切です。注意点としては、 ひざが内側に入らないようにします。ひざが内側に入ってしまうと、ひざを傷める原因になります。

洗濯物を干しながらスクワット

洗濯物を干しながらスクワットをすると、ふともも、お尻、腹筋、背中も鍛えることができます。これらの筋肉を同時に鍛えることで、引き締まった体を手に入れることができます。

やり方としては、

①洗った洗濯物を取り出しやすいカゴに入れ、自分の前下に置きます。

②スクワットしながら沈み込み、カゴの中の洗濯物を取ります。

③洗濯物を持ったまま、腕は伸ばした状態で立ち上がります。

④立ち上がった状態で、洗濯物を干します。

この①~④の動作を繰り返し行います。

スクワットトレーニングの大事な点は無理をしないことです。膝に痛みを感じたら、または、膝の痛みを感じない程度で終了することが大事です。

洗濯物を干す場合だけでなく、子どものおもちゃが床においてある場合など片付けるときにスクワットすることもできます。

太ももなど下半身を鍛えることで、脂肪の燃焼が促進されます。下半身には全身の筋肉の70%が集まっているといわれていますので。スクワットすることで、下半身の筋肉が刺激され、脂肪が燃焼して、ダイエットにも効果を期待できます。

長時間座っている方も休憩時間にスクワット

長時間、座っていることが多くありませんか?パソコンで作業をしたり、休憩時間にはスマホを見ていたり、見ないといけないテレビや動画があったりすると、長時間座りっぱなしの時間が長くなります。

日本人は長時間座ったままでいる座りっぱなしの時間が長いとも言われています。長時間、座りっぱなしの姿勢は身体に悪い影響を与えます。座ったままの姿勢では、血液は足へと溜まりがち。座りっぱなしの状態では、血流が悪くなってしまいます。

寝ても疲れが取れないのは長時間座っているからかもしれません。座っている間、血は下肢へと集まります。血流が悪くなると、疲労や倦怠感をはじめ、トラブルの原因になっている可能性があります。

一日中座っていることで、「身体に悪い影響を与えているのでは」と考え積極的に運動を取り入れていきましょう。

休日、お家で過ごしているときにも、家事や勉強、音楽を聴いている時にも、ながら運動を取り入れるとこうした問題を改善できそうです。体を十分に動かすことができない。そんな時間がない。そんなあなたも、ながら運動を取り入れましょう。

まず自覚してほしいのですが、長時間、同じ姿勢で座リ続けていることは、身体に悪影響を及ぼします。座りっぱなしの悪影響としては、腰痛、腸への負担、背中への圧力、疲れが取れにくいなどの原因になります。

疲れが取れず、脳卒中のリスクを高めたり、心血管疾患にもつながるとも言われています。

良く起こりがちなのが、長時間座ったままで同じ作業姿勢で、腰に痛み覚えるということです。座位は立っているよりも腰には負担が集中してしまいます。

さらに、姿勢が悪くなって、パソコンの前で、スマホを見ながら、背中を丸めて座っていることが多くなりがちです。

背中、腰に痛み、違和感を感じている人は、毎日パソコンの前で、スマホを見ながら長時間を過ごしている場合が多いです。心当たりがある方は要注意です。

長時間、足を組んだり、猫背になったりしながら座っていると、首にも負担をかけることになってしまいます。姿勢が悪いと首にも影響が出てきます。

座っている時間が長く、運動不足だと感じる方は、悪影響が体へ及んでいる可能性があります。でも、大丈夫。定期的に椅子から立ち上がり、スクワットのエクササイズをすることで、座りっぱなしの弊害を改善することができます。

すき間時間にスクワットタイム

テレビや映画が始まったら、最初はテーマ曲が流れたりして、直接内容とは関係のない時間があります。その時には、イスやソファから立ち上がり、スクワットをしましょう。

テーマソングが鳴り始めたら、「即、スクワット」などの習慣を取り入れると軽い運動になります。運動になるだけでなく気分転換にもなります。時間を決めてスクワットをしましょう。運動には、こうしたすき間時間の活用も有効です。

スキマ時間にスクワットをするならこれです。

効果のない間違った姿勢が筋肉痛を引き起こす。

スクワットは見た目が簡単な運動に見えますので、どれくらいやればいいのかとか、回数はどのくらいがいいのかとか、速度 を上げれば効果があるのではか回数のことを気にしがちです。

正しくない姿勢を取って、回数を続けていると、効果が出にくかったり、効かないスクワットになったり、腰痛になったり、痛い思いはしたけれどもダイエットなどの目的には役には立たなかったということにもなりがちです。

厳しいトレーナーだったら、正しい姿勢のスクワットから逃げるなというかもしれません。でもやっていると、自分がいいと思っている、自己流の姿勢のままのスクワットになったり、楽な姿勢になったりしがちです。また、どこに負荷がかかっているのかを自分でチェックするのも大変です。

継続ができてもこれでは効果的ではありません。ひざが前に出ている姿勢では運動量は増えても、関節を痛めるということもありがちです。これでは運動量が増えたからといって効果的なやり方とは言えません。

悪い例、間違いがちなポイントをチェック

スクワットで悪い例、間違いやすいポイントをチェックしておきましょう。悪い例、間違いやすいポイントを知っておくと間違いを避けることができます。

スクワットのよくやりがちな悪い例 ひざが前に出る。

よくある間違いは、ひざが前に出てしまうことです。ひざが前にですぎて、ひざの屈伸だけの動作になってしまい、お尻の筋肉への効果が得られません。更に、膝に負荷がかかりすぎてしまって、痛める原因にもなってしまいます。悪い例の一つですが、形がよくないとケガや痛みにもつながってしまうことがあります。

スクワットのよくやりがちな悪い例 前傾姿勢、重心が前になりがち。

前傾姿勢になるとと、お尻にも太ももにも正しく負荷がかかりません。回数をこなしていると、重心が前になったり、だんだんとかかとが上がりがちになったりしてくることがあります。意欲を持ってやろうとすると、気持ちだけが先走って前傾姿勢になりがちです。回数を増やそうとするよりも、最初は正しいやり方、正しい姿勢になるように注意します。

スクワットのよくやりがちな悪い例 猫背 

3つ目の悪い例は猫背です。回数を重ねているうちに、正しいやり方、正しい姿勢から、だんだんと猫背になりがちです。そうすると、体幹への効果が得られません。肩胛骨を寄せることを常に意識して正しい姿勢になるようにします。

正しいやり方をどのようにチェックするのか?

正しい姿勢でのスクワットは結構難しいと感じた方もいらっしゃることでしょう。スクワットはそれだけで太ももの筋肉を鍛え、引き締め、ウエストを絞り、ヒップアップさせ、ダイエットにもなるというエクササイズです。

しかし、姿見のような大きめの鏡でスクワットの悪い例にならずに、正しい姿勢になるように自分でチェックをするか、補助の仕方に慣れているトレーナーかトレーニングに慣れた方にそばで見てもらったり、補助してもらったりしながらしないと正しいやり方のまま続けるのは難しい面もあります。

正しいやり方でスクワットするには

自転車のペダルは同じ方向に回さないと動きません。違う角度に力を入れてもペダルは回りません。マシーンや機械、補助器具、道具は正しく動かさないと動かないのですが、そのことがとても大事なことです。

適当にやって動いてしまうマシーンや機械、補助器具、道具なら、正しい力の入れ方、正しいやり方をマスターできません。マシーンや機械、補助器具、道具を使うということは正しい方法以外を許さないということです。

スクワットするときにも正しく動くしかないと、体がそうした正しいやり方の動きになってしまうというような補助器具、道具があったら初心者にとってはうれしいです。

補助器具、道具なので、補助の仕方は一定で、日によって違うということはありません。これは機械ならではのメリットです。

やり方が間違っていても初心者だと体が正しいスクワットの姿勢になっていないのに続けてしまうという、悪い例にもみられるような間違いをしがちです。

どこが間違っているのかを自覚せずにそのままやってしまい、スクワットの悪い例のようになりがちになります。効果的なスクワットは、正しい姿勢になって、正しいやり方に沿って動く必要があります。

(スクワットマジック使ってやってますね。)

この投稿をInstagramで見る

にしだみあん。さん(@nisidamian)がシェアした投稿


更に怪我や痛みなどの不必要な苦痛を味わって、根性でやっても効果的とは言えません。正しい姿勢を取って、正しいやり方で動きながら、そして、音楽や英語の音声を聞いたりしながら行う「ながら運動」でも楽しいんでやれたら、楽にできて効果的です。その動きを簡単にマスターできるのが効果的な道具、補助器具ともいえるスクワットマジックです。

スクワットマジックの詳細はコチラ

正しいやり方でスクワットを楽に

それでは、正しいやり方をどのようにすれば身に着けられ、楽に運動を継続し、回数を増やしていくことができるのでしょうか?

スクワットマジックの力を借りれば、スクワットの悪い例のようにならずに正しい姿勢で効果的にスクワットチャレンジを続けられ、継続することで、見た目変化も、もたらします。

スクワットマジックとは?


Squat Assistive Technology(S.A.T)は特許申請中です。(※イギリスにて特許申請中)

この技術によって、正しいスクワット姿勢をサポートします。正しい姿勢による、正しい負荷をかけたスクワットこそが成功のカギを握ります。

初心者だと、トレーニングに慣れていないため、悪い例にみられるように間違った姿勢や動きをしがちです。初心者にとって負荷のかけ方、姿勢が難しいスクワットを姿勢よく楽にできるようになります。

また、一度に5つの部位を鍛えられるので効率的なトレーニングが可能です。

スクワットマジックは正しいやり方で、膝、腰に負担がかかりにくい

スクワットをするときに大事なことは正しいフォームです。やり方がわからないとかやり方はわかっていると思いこんでいる人に共通するのは、正しい姿勢です。

スクワットそのものは、簡単そうなトレーニングに見えるのですが、効果を出すためには、正しい姿勢が必要です。

自分の思い込みでやってしまうと実は間違っていて、スクワットの悪い例のようになり、きつい思いをして、膝関節を痛めて痛い思いまでして、効果がないという結果になってしまいます。

この思い込みによる間違った姿勢を無くすためには、スクワットの正しい姿勢、補助の仕方に熟知しているプロのトレーナーについて、時間とお金をかけてトレーニングをするという方法が一つあります。

でも、ジムに行く時間もないし、高額のお金もないので難しいと考える方も多いでしょう。もっと手軽な方法ってないのかと考えるのでしたら補助器具を使うという方法があります。

スクワットマジックは5度の傾斜により、膝への負担、腰痛になりがちな腰に負担がかかりにくい、スクワットの悪い例のようになることを避け、正しい姿勢で無理しないトレーニングをすることができます。

こうした補助器具を使うことにより、正しい姿勢で正しい動きが身につけられるというメリットがあります。正しい姿勢を作り、そのあとは、トランポリンのように反発する仕組みがあり、サポートしますので、スクワットが楽にできます。

しかも補助器具は、近くで見ていて、指示を出すだけのトレーナーではなく、衝撃の吸収ということまでやってくれます。ゴムバンドの働きで衝撃を吸収します。それによって関節への負担を軽減してくれます。関節を痛めがちな方、高齢者の方にはうれしい機能です。

1セットたったの1分からすき間時間にスクワットができる。

トレーニングや学習にしろ大事なことは、継続です。その継続を可能にするのが小さく分けるということです。英単語を「1日で100個覚えましょう」というと難しいですが、「1日に3つずつ覚えましょう」は、可能な数字です。

細かく分けて、小さな習慣にすることが大事なのです。1時間トレーニングと聞くと、難しいかもしれませんが、1分を継続するということはやりやすいことになります。小さなメニュー、少ないメニュー、短いメニューからスタートしましょう。

そして、自分の隙間時間や空いた時間を選べるというのもトレーニングにはいいです。テレビを観ながら、音楽を聴きながら、英語のCDを聞きながら、リズムよくポンポンしましょう。気分転換に、家事の合間に好きな時を見つけてエクササイズすることが可能です。→スクワットマジックの公式サイトはコチラ

軽量・コンパクト・組み立て不要

このマシーンのスペースは雑誌1冊分で済みます。省スペース設計ですので、収納が楽です。トレーニングするスペースも省スペースで済みます。マシーン、道具、補助器具というとスペース取ってしまう大きなものを想像するかもしれません。しかし、このマシーンは、邪魔になるということがありません。

重さも約2.4kgと軽量です。持ち運びをする際にも軽くて便利です。寝室、キッチン、ラジカセのある場所、テレビの前など好きな場所で使用することができます。

マシーン、道具、補助器具というと使用するたびに、組み立てをしないといけないいうことがありますが、このマシーンは組み立ても不要です。

負荷を3段階に調整

スクワットというときつい、とか負荷のかけ方などが気になるところですがこのスクワットマジックは負荷を3段階に調整できます。スクワットってきついなというイメージがあるのでしたら、軽めのトレーニングからスタートしましょう。

自分の健康状態、体力などを考えて、自分のペースでしっかりトレーニングすることができます。シートの高さも調節できるので、さまざまな身長の方に合わせることが可能です。

筋肉を使えているのか?

通常のスクワットとおなじように筋肉を使えているのか?ここで疑問点が出てきます。こうした補助具やマシーンは結局、運動した感じになるだけで本当に運動になっているのかという疑問が出てきます。

筋電センサーを用いた筋電図実験を行い、スクワットマジックで運動しているときの筋肉の使われ方を調べて見ると、 その結果、スクワットマジックを使ったスクワット運動では、前もも、後ろもも、ヒップ、ふくらはぎ、など、通常のスクワットと同じように、下半身の筋肉が幅広く使われている事が明らかになっています。

※筋電図実験:被験者6名 ※実施:2018年1月14日:東京有明医療大学 ※効果には個人差があります

スクワットマジックおススメのポイントと理由

スクワットマジックはショップジャパン公式通販での購入がおすすめです。

スクワットマジックのおすすめポイント、理由を最後にまとめてご紹介します。

1日たった1分からはじめて、効果がある。

上下にポンポンするだけで、効果的のあるスクワット運動になる

ただのスクワット以外にも12種類のエクササイズができ、コストパフォーマンスに優れている。

ジムに行かなくても自宅でできる。ジムに通うのがめんどくさい方、時間が無い方でも様々な種類のトレーニングが気軽にできる。

下半身を鍛えるだけでなく、体幹を鍛えることもできる。

軽量、コンパクトで収納、移動、設置場所に困らない。

下半身太り、ポッコリお腹、ウエスト、体幹などの運動が効率的にできる。

音楽を聴きながら、スマホをしながら、テレビを観ながら、の「ながら運動」ができる。

膝、腰に負担をかけないスクワットができる。

負荷調節は3段階。

フィットネス大国アメリカで話題沸騰。7日間で1,400万回の動画視聴。

組み立て不要。届いてすぐに使用できます。

初心者の方でも、正しいスクワットが身に付く。


スクワットマジックの購入、返金保証について 

通販ですと、実物を実際に見ることができませんが、ショップジャパンなら、使用後でも返品できる返品保証付きです。

人気商品のため、類似品や偽物が出回ってしまうことがありますので、ショップジャパン公式サイトで正規品のご購入をお勧めします。

使用後でも返品できるのは、便利、安心です。

ショップジャパンでは、24時間365日、専門のオペレーターが、電話やオンラインで相談にのってくれます。購入前の不安・疑問、購入後の質問・サポートなどがあり、安心です。


ショップジャパンは健康用品で信頼のショップです。

ショップジャパンでは、他にも、人気のトレーニングやダイエットに役に立つ健康器具なども扱っています。

アブクㇻッシャー 腹筋割りたい人に

膝を上げて戻す,膝を上げて戻す,難しい動きはなく、やり方は、簡単。シンプルな動きが腹筋上部はもちろん、鍛えにくい腹筋下部まで、一度の動きで、効率よく、腹筋の上部から下部まで鍛え上げます。効果的に鍛える器具アブクラッシャーは1セット60秒から。短時間でシックスパックをめざせます。



スレンダートーン 巻くだけで腹筋

「スレンダートーン」は大人気のEMS機器の最新モデル。コレなら毎日できる。機能的で引き締まった理想のボディを目指すのなら、巻くだけ、無理しないで、簡単に、お腹に刺激を与え、腹筋を効果的にトレーニングすることができる「スレンダートーン」を使ってみませんか?体にフィットするように、人間工学に基づいてデザインされたベルトが、お腹の筋肉に刺激を与えます。この器具は運動しながらも使うことができるため、運動と合わせて使うと効果的。本格的に腹筋を鍛えたい方にもおすすめです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする