カリマー セクター25が口コミで高評価!通勤でも日帰り登山でも使える

カリマー セクター25がデイパック、リュックとして高評価です。通勤、通学でも、軽登山、日帰り登山など、多くの方が使うシーンで役に立ってるということで口コミでも高評価が得られています。
いろいろなシーンに使えるカリマー25はコチラ

まだ、迷っているという方や自分が使うのには適してるのかな?どんな場面でカリマー セクター25は使えるのかな?と考えている方に、その使えるシーンなどについて検証してみました。



デイパックユーザー、リュックユーザーから、カリマー セクター25は、口コミでも評価が高いのです。「やっぱりカリマ―です。」とか、「やっぱりカリマ―でないと。」など、購入した方からの厚い信頼があるのが、カリマー セクター25です。

その理由としては、日常生活、通勤、通学、旅行、軽い登山、マザーズリュックとしてなど、いろいろなシーンに使えるからです。

カリマー セクター25が人気なのにはわけがある

カリマー セクター25は背負ってみると分かるのですが、安定性があります。また、さすがにアウトドア用品のメーカーだけあって軽くて強度も十分あり、丈夫です。バックパネル、ショルダーハーネスには、通気性の高いメッシュを使用しています。

旅行で使ったり、長時間トレッキング、登山に使ったり、街中でショッピングして回ったり、荷物の多いサラリーマンや学生が通勤や通学で使用したりするのに便利です。マザーズリュックとしても活用している方も多いのです。

デイパックやリュックを活用する方にとってのお悩みの一つは肩に負荷がかかって、痛くなるということがあります。カリマー セクター25が口コミで人気の理由の一つは背負った時の肩の負担が少なく、後々も痛くなりにくいというものです。

安いデイパックを買って見た目はあまり変わらないのに、実際に日常生活で使用してみると、肩にくる、肩がキツイ、肩が痛くなるなどの不満がある方もいます。

そうした方にとってカリマー セクター25は、「やっぱりこれでしょ」と言わせるだけのアウトドアで培われた実力のあるリュックなのです。

カリマー セクター25は、二気室構造になっているので、荷物を分けて入れることができます。その用途、使用頻度によって、整理できる、整理がしやすいです。

背負いやすい、軽くて丈夫、荷物の整理がしやすい二気室構造という実用面だけでなく、コーデにもいい、洋服と合わせ易い、街歩きしてもおしゃれなので、見た目にもいいと口コミでも好評です。

カリマー セクター25はおしゃれ好きの女子に人気で、いろいろなブランドの服にも合います。カリマー はイギリス発の総合アウトドアブランドなので、ウェアなども充実しています。
オシャレで機能性も備えてるリュック

ウェアは評価は高いのに、購入できる店舗がほぼなく、着ている方が少ないので、希少性や個性をアピールできます。カリマー セクター25は違うブランドとのコーデもいいのですが、同じカリマーブランドで統一するのもおしゃれです。カリマーのウェアは実店舗での展開がほぼありませんので、公式サイトでの購入がおすすめです。



イギリス発の総合アウトドアブランドであるカリマーはカリマー セクター25だけでなく、高い山への過酷な挑戦を助けるような機能性のある服や大容量のリュックなども作っています。

(高い山への挑戦も楽しいですね。↓↓)

この投稿をInstagramで見る

sekky 🍙 せっきー(@omusubicorolin)がシェアした投稿


そのなかで、カリマー セクター25はユーザーが使える範囲が幅広いために、口コミでも高く評価されています。簡易なリュックと考えるかもしれませんが、この小さなリュックには、カリマーのアウトドアフィールドでの経験が凝縮されて作られているのです。

日常生活で使うときに、機能性はもちろんですが、カリマー セクター25の二気室構造が口コミでも高く評価されています。



この二気室構造。上下に室内が区切れるのが、便利です。1つの袋状になっているよくあるリュックでは、下に入れている物を取り出す際に、中をかき混ぜるようになってしまいがちで、せっかく整理して入れた荷物の中身がゴチャゴチャになってしまいます。
2気室構造のカリマー25はコチラ

そうしたお悩みをスッキリさせてくれるという点が、口コミでの好評につながっています。

こうした特性を活用すれば、トレッキングや日常生活で楽しく、便利に活用できます。

 初心者向け登山 日帰り登山

1日の軽い登山やトレッキングなどに使用している方から、カリマー セクター25が口コミで高評価なのは、その理由として、安定性、フィット感、肩への負担がないなどの機能性が挙げられます。

それに加えて、カリマー セクター25は二気室構造で持ち物を整理しやすいです。山に行くと急に雨が降るなど予想できないことがあります。歩いているときにいつ雨が降るかどうかはわからいのですが、山へ行くときにはレインコートは必須です。

そうした、いつ使うかわからないようなレインウェアを下の方に入れておくと便利です。従来の1つの袋状になっているデイパックですと、雨が降り始めた中、上部から底に入っているレインウェアを取り出さなくてはなりません。

登山では汗をかくことが多くなりますので、上に着替えやタオルを入れて、下には緊急時やめったに使わないけれども大事なスマホ、医薬品などを入れている方もいます。

また、登山やトレッキングでは、カメラを使って写真撮影をされる方も多いのです。ですが、カメラはずっと手に持って歩くわけではありません。

カリマー セクター25はリュックの下部にカメラを入れて、必要な時にはすぐに取り出せて便利です。こうした使い方をするためにカリマー セクター25を選んでいる方も多いのです。

山ガールといわれるアウトドア好きの女性にもカリマー セクター25が口コミで高評価です。カリマー セクター25は軽くて丈夫、そして衣類などの荷物の整理にも便利です。日帰りの軽登山だけでなく、中にはこれ一つで、1泊2日の登山や帰りには温泉にも寄って帰ってくるという方もいます。

まだ、山登りやアウトドアを経験されていない方も、アウトドアでの活動を時々経験するのはおすすめです。

(山ではリラックスできますね。↓↓)

この投稿をInstagramで見る

saki hirano(@ssakiikass)がシェアした投稿


現代はサラリーマン、ビジネスマン、学生も複雑な人間関係や過剰なストレスに晒されれている方も多いので、こんな時代にはアウトドアで森林などの自然の中で時々、1日でも過ごすといいのです。森林や山にはストレス軽減、癒し効果があります。

(参考:アウトドア・アクティビティによるウェルネスの醸成)

そうした屋外での活動のお供にはカリマー セクター25は最適です。

 大学生 サラリーマン 

都市を移動する大学生やサラリーマンにもカリマー セクター25は使い勝手がよく、便利です。

夏ですとエアコン対策の上着を底の方入れておいて、すぐに取り出せるようにしておいたり、下の方に小型の重いノートPCを入れて、喫茶店や公園ですぐに取り出して、仕事や趣味を楽しんだりできます。また、下に貴重品を入れておくなどの使い方もしている方もいます。

自転車に乗って、リュックを担いで、移動している方にも、カリマー セクター25は安定感があって軽いから使用しているという口コミが見られます。

 マザーズリュック

カリマーについて詳しい方なら、カリマー セクター25を販売しているカリマーがイギリス発のアウトドアブランドであることを知っている方からすると、カリマー セクター25がマザーズリュックとして活用されていることに違和感を感じるかもしれません。

しかし、実際には、カリマー セクター25はマザーズリュックとして活用されていることが多いのです。これは口コミでの記載もたくさんあります。

どんなふうに使われているのかというと二気室構造を活用して、上は子供用の上着、子供のためのお菓子、ウエットティッシュを入れ、下部には抱っこ紐やオムツポーチ、着替えを入れるなど分別して入れるなどの活用の仕方をしている方もいます。

従来の1つの袋状になっているリュックでは、リュックの1番下においてある抱っこ紐やオムツポーチ、着替えをとるために、上の荷物を出さないと取り出せないために手間がかかります。

また、カリマー セクター25がマザーズリュックとして口コミでも評価が高いのは活用のしやすさ、実用性に加えて、おしゃれな色合いのリュックになっていることです。

実用性だけではなく、コーデにもいいし、おしゃれ感があることも人気の理由の一つになっています。
オシャレで機能性も備えてるリュック

 旅行

1泊程度の旅行でしたら、これ一つで荷物が収まるので、旅行用としても活用できます。また。旅行は手持ちのお土産が増えたりしがちで、歩きやすく、背負いやすいカリマー セクター25は旅行にも便利です。

 防災バッグ     

女性にも人気でママが使ったり、マザーズリュックとして使われたり、コーデにもいいと評判だったり、旅行や登山に使ったりと、楽しく使えるカリマー セクター25なのですが、アウトドア用品としてその潜在力、機能を発揮するのは実はこんな時かもしれません。

少し変わった使い方だと思われるかもしれませんが、実は防災バッグとしても使用されています。

カリマー セクター25はおしゃれで人気なのですが、実用的なバッグとしても人気です。そして、過酷なアウトドアでの経験を凝縮したリュックの本当に実用性が発揮されるのは災害の時です。日本は地震や台風、津波などによって被害を被ることが多いですよね。

こうしたときに活躍するのがアウトドア用のバッグなのです。

アウトドア用のバッグは、非常時の防災バッグとして使用する方も多いのです。それは、イザというときに、バッグを背負って避難しないといけません。そうした際に、動きやすく、ハードに使えるバッグとして、アウトドア用のバッグを使う方がいます。

市販の防災グッズセットだと、必要と感じないものが入っているため、自分で選択した防災グッズを入れておいた方が使いやすいという方もいます。

その市販のバッグそのものも、近くの公民館に行くのだったらいいかもしれないけれども、もしかして、歩いて遠くまで避難しないといけないというときなどには、市販の防災バッグだと移動しにくいと感じる方もいます。

バッグも中身の防災用品も自分で選択して自分用の防災バッグを作る方も増えてきています。そして、防災バッグとしてこのカリマー セクター25が使いやすいとして、購入される方もいるのです。

まだ使えるうちに古いバッグを防災バッグとして活用し、新しく購入したカリマー セクター25は普段に使う方もいます。

実はカリマーは ウェアもおしゃれ。



カリマー セクター25の実力を知っている方、知った方は、きっと魅力的なカリマーのファンになることでしょう。しかし、イギリス発の総合アウトドアブランドであるカリマーはデイパック、リュックサックだけのブランドではありません。

(カリマーはおしゃれなセンスも十分。↓↓)

この投稿をInstagramで見る

karrimor Japan(@karrimor_japan)がシェアした投稿


日本では、店舗での取り扱いがほとんどないために知られていないことが残念なのですが、ウェア、アクセサリーなども充実していて人気です。

まとめ

カリマー セクター25を販売しているお店はありますが、その他のカリマー製品を販売している店舗が少ないです。

カリマーはイギリス発の総合アウトドアブランドで、過酷な環境の中の本格的な登山、ハイキング、トレッキング、トラベル、日常生活などに対応しています。

リュックサックがよく知られているのですが、ウェア、アクセサリーなどもおしゃれで人気です。ただ、残念なことに、店舗での販売があまりされていません。購入者からの口コミは高いのに着用している方は少ないです。

しかし、着ている方が少ない分、街中や山仲間の中では、希少性があることになり、目立つことができます。

魅力的なファッションや防寒着などの機能性のあるウェアは公式サイトを活用されるのがおすすめです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする