アウトドアキャンプが、今、熱い。初心者にもおすすめ。おしゃれでかっこいいテント情報が満載。

アウトドアでのキャンプを趣味とする方が増えてきています。アウトドアキャンプが熱いのです。東京や都市の狭い空間で過ごしていると、時々アウトドアに行きたくなります。また、アウトドアをやっている人は、逞しくて魅力的ですね。



アウトドアではふだん行っていることも魅力的になります。コンロを持って行って、コーヒーを沸かしてサイドテーブルに置いて飲んだり、読書したり、バーベキューをやって楽しむ。

自然の中で楽しむコーヒーや食事、読書はまた格別なものになります。

楽しみ方は様々なのですが、いちばん大事なのは安全に快適に寝ることができることです。安全に快適に眠れないと次の日のアクティビティに影響もありますし、疲れを残して楽しめないのでは意味がありません。

アウトドアでキャンプをするときなどに一番大事なもの。それがテントです。テント選びに失敗するとアウトドアが楽しいものではなくなります。逆にテント選びがうまくいくと充実したアウトドアでの活動ができます。

近くのショップでテントを買ったのだけれど、失敗したという話を聞くこともあります。安易な「格安」「安売り」という文字にひかれて購入してしまうと失敗しがちです。どんな点に気をつけたら間違いのないテント選びができるのでしょうか?

テントはどれでも同じ?テント選びは形から?おしゃれでかっこいいテント?そんな疑問が起こりますね。

テントは1度購入すると、数年使うものですし、お金もかかります。このページでは入門者、初心者の方でも安心して選べるようにテント選びのコツ、ポイントを徹底的に調査してみました。

目次 [hide]

アウトドア・キャンプをテントで楽しもう!

アウトドアに行っても夜の宿泊がホテルだと本当の意味で自然との一体感って持ちにくいです。夜の空気や明け方の薄暗さから明るくなる1日の初めまで。朝露の湿った感じ、五感すべてを使って自然を味わえるのはテント生活の楽しみです。

テントを張るとその周りはあなたの無限の庭に変化します。都市の庭と違って、昆虫、音、空気、景色の変化が絶えず起こっていることを感じられます。都市では味わえないあなただけの贅沢なスペースがそこに誕生するのです。


その中で、大人も子供たちも、家族で、又は、ソロでものびのびと好きな活動ができます。

でも、そうした自然の中で安心して過ごすことができるはテントがあるからです。テント素材が進化してきたおかげで、コンパクトに収納できて軽量で持ち運びができる、初心者でもワンタッチで組み立てができる、簡単に組み立てられるなど設営が非常に楽になってきています。

しかし、価格を気にして安いテントを購入して、風ですぐ破れた、雨漏りがしたなどの話を聞くことがあります。テントはアウトドアライフの要ですので、材質や丈夫さなどのポイントをよく考えて購入しましょう。

最近のテントはそれに加えて、おしゃれさもアップしてきていますので、ファッションやインテリアに凝っている方にも、十分に満足できるものも増えてきています。

テントを選ぶときのポイント

ここではテントを選ぶ際のポイントを考えてみましょう。

ワンタッチで設営!?設営のしやすさは大事

テント選択の秘訣は組み立て楽々、設営が簡単であることです。例えば、夏にテントを使うとして、夏の暑い中で苦労してテントを立てたいですか?暑い中でテント設営した思い出だけで終わりたくないですよね。(笑)

テントは、素早くたててしまってゆっくりくつろいだり、絶景との出会いを楽しんだり、 ハンモックでくつろいで過ごすなど自分の好きな遊び、アクティビティをしたいですよね。

初心者でも1,2回組み立てればすぐに設営できるようなタイプのテントがおすすめです。立て方はもちろんですが、たたみ方も簡単で、撤収も素早くできるテントがいいですね。

だからといって、アウトドアなので、雨や風にきちんと対応した防水テントであることなどの条件は必要です。テントの素材や材料が良い物であることも大事です。

こうしたテントを探すのにはどうしたらいいのでしょうか?それは、信頼されているサイトやお店で購入することです。例えば、信頼されているサイトではすでに購入して使用した人たちがいて、そのテントを評価しています。

そして、その評価が高いことなどが信頼の証になります。実際の店舗に行って購入するという方法もあるのですが、実際にテントを販売しているお店に行っても、テントの数が限られていたり、購入を検討したいテントがなかったりします。

今は、ネットで購入しても、テントのたて方が分からないということがありません。ワンタッチで設営できたり、設営のしやすいテントが販売されています。テント購入もネット上の通販で 簡単にできるのがうれしいところです。

アウトドアでの生活を楽しみたいのですから、テントを立てるのが趣味という方でない限り、簡単、楽で、ワンタッチで組み立てられる方がいいですよね。きちんとした、メーカーで評価、評判も良く、人気であるのなら、間違いはありません。

用途で選ぶ!ファミリー・ソロキャンプなど

ファミリーキャンプでしたら、家族の人数を考えて、その広さが十分にあるテントを選びましょう。そうしたときにも、テントを張るときに数人がかりで行うようなものは避けましょう。

小さい子供がいるときには、一人が子供を見ておかなくてはなりませんし、もう一人の方が、テントを立てるということになります。

テントを立てるのは、男の仕事だからと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、女性一人でもたてられる、初心者でもたてられるようになってきているので、ファミリーキャンプでも、奥さんが一人でたてちゃいましたというケースも増えてきているのです。

それに暑い中で、テント張りに時間をかけたくないですね。テント張りで疲れたといったことがないように、素早くきちんと張れるタイプのテントがおすすめです。

テント内の人数が多くなると、テント内に熱がこもったり、臭いがこもってしまったりするものもあります。外側からテントを見ていると、同じような形に見えるテントでも、メッシュを適度に使用し、空気の循環まで考えているテントは、快適です。

メッシュは虫が入ることを防ぎますし、通気性がよく空気も入れ替わりますのでむし暑さを感じにくくて快適です。このメッシュも、安いテントだと素材が悪くて、強風などで破れやすくて、意味がないのです。

信頼のできるサイトやお店で購入すると、メッシュが丈夫で破れにくい素材を使ったテントが販売されています。人数の多いキャンプには必須です。

ソロキャンプだと1~2人程度のテントでも、もちろんいいのですが、道具や本などたくさん持っていく方でしたら、広いテントがおすすめです。特に連泊すると、小さなスペースよりも広いスペースの方がくつろげます。寝ることを考えておくことって大事です。

室内のスペースが広い、でかいと感じるくらいの方が寝心地もいいのです。広めのテントだからといって、最新のテントは、2~3人でテントを張らないといけないということがありません。

男性でも、女性でも1人でも張れるようなテントが手ごろな価格で販売されています。女性の方でもソロでテントを張ってフェスに参加してる方もいらっしゃいます。ソロだからといってもやはり、エアーの流れを考えているテントの方が快適に過ごせるのは言うまでもありません。

テントもオシャレでカッコいいほうが盛り上がる?

テントというと、設営が大変で、汚いテントの色を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、今のテントはおしゃれで快適、軽量で持ち運びも楽という風に変わってきています。

素材が進歩しているからなのです。また、テントでのアウトドアライフを気軽な趣味、体験、遊びの一つとして、考えている方も増えていますので、ファッション性も重視されています。色が気に入ったという理由で購入を決断された方も増えてきています。

最近のアウトドアのテント、服、靴や道具なども、値段が安くなってきていますが、機能は充実してきています。そして、家のインテリアのようにセンスの良さが求められています。

見ただけでわくわくするオシャレでカッコいい服や道具、それにテントならきっと楽しいアウトドアが過ごせます。

楽しいアウトドアにはおしゃれも楽しみましょう。ファッションで気分も盛り上がるわけですが、それはテントについても同じです。汚いテントで泊まっているとなんだかみじめな気分になるかのしれません。

それよりはおしゃれな色使いのテントで気分も楽しく過ごせるほうがいいですね。最新の人気テントはおしゃれで、ファッション性もありますから購入者のニーズに合うものもあります。

テント選び方まとめ

テント選びのポイントは良い材質、素材を使っていること。少々強い風や雨が降ったくらいでは破れたり雨水が入ってこないことが一番大事です。それには、品質が大事になります。信頼のおけるサイトや店舗での購入をおすすめします。

アウトドア&スポーツ ナチュラム(⇇詳細はコチラ)

実際に使った方による評価の高い、人気があるテントを選ぶこと。実際に使っている方の評価が参考になります。平均的な評価例えば☆が3つよりも上の方がよいです、☆4つあれば十分です。

テントに寝る人数や持っていく道具などを考えて、大きさを決めること。キャンプに行く人数を想定して、それよりも大きめのテントを買う分にはk舞わないのですが、小さめのテントを選んでしまうと窮屈になります。

テントライフをより楽しみたいという方でしたら、テントの色使い、自分が気に入った形、おしゃれ感も取り入れると楽しさが一層増します。

居住性も考えるとテント内の空気も気になります。防水、安全が第一ではありますが、テントの中にこもる熱と臭いが嫌だという方は、メッシュの数やエアーの流れまで考えて作られているテントを考えてみましょう。

アウトドアの新鮮な空気まで楽しみたいというのでしたら、メッシュを使っていることと空気が循環しやすい設計を行っているテントを選ぶことです。

徹底比較!テントベスト3

テント選びのまとめのポイントを考えて、次の3つのテントを参考にしてみてください。あなたのお気に入りのテントはどれでしょうか?

いまは、多様なテントが作られ販売されていますからサイト内の情報も参考にしてみるとよいですよ。

(キャンプ用テントの詳細はコチラ↓)


スクリーン2ルームハウス+2ルームハウス用テントシートセット Coleman(コールマン)

簡単アシスト機能付きで、1人でも簡単に設営でき、慣れるとすぐにできます。メインポールは分かりやすいように色分けされています。

同じ色のスリーブにそれぞれ通して、クリップをつけるだけですので、見ただけで何をするといいのかがわかります。すぐに立てられるテントは、特に暑い夏のテント張りにはうれしいですね。

2ルームモデルで居住性が高いです。安心、丈夫な設計です。(暴風や豪雨などが予想される場合には、テントで過ごすのはおすすめしません。)

大人2人、子供2人が中に入って寝たり、過ごしたりするのには十分な大きさですで、広さも形も使い勝手もよいと評判です。

アウトドアはファッショナブルにという方にとって、テントの色も気になります。このテントはテントの色ががいいと評判です。ファッションに関心のある方にも評価が高く、楽しく過ごしたいという方には人気のテントです。

テントの中の空気がこもりがちなのは嫌ですね。せっかくのアウトドアなのに、テント内の空気がどんよりでは気分も良くありません。爽やかな外気を常に取り入れ、新鮮な空気が流れているテントの中にいるとアウトドアならではの気持ちの良さを味わうことができます。

このテントは、下部から外の気持ちのいい空気を取り入れ、上部のメッシュ部分から空気を排出させ、空気が循環するように設計がされています。そのため、熱もこもりにくく、テント内の嫌な臭いも少なくて快適です。

価格の安いテントだと、まるでビニール袋に入って過ごしたように、通気性が悪く、熱やにおいがこもってしまうことがあります。このテントだと、新鮮な外の空気を味わいながらテント生活を過ごすことができます。

カマボコテント2 75D DOD(ディーオーディー)

 トンネルテント、 カマボコテントです。パッキングはコンパクトに収納できるのですが設営してみると広いテントです。人数が多めならこのテントを考えてみるといいでしょう。

広いリビングを備え、天井の高いテントですので、開放感もあります。キャンプでも全室が広く、天井が高く、家のようにくつろぎたい。家づくりに近い感覚が欲しいという方にはいいテントです。

ファミリーキャンプ、仲間と一緒のグループキャンプなどにおすすめです。

日本の気候は海外とは違い、変化があります。夏は暑いし蒸し暑いです。熱中症にならないように日除けにも強いテントが必要です。

雨季だと雨が続きますので、雨漏りが心配になりますので、雨に強い テントである必要があります。逆に涼しい季節や寒い季節には防寒対策が必要です。

このテントは、日本の気候を考えて作られた、オールシーズン対応の2ルーム型です。

なじみのあるデザインのテントですが、以前のトンネルテント、 カマボコテントと違う仕様、素材になっています。デザイン、色などもおしゃれになってきています。

最新のテントは見た目が以前のものと同じでも、使い勝手を考えて、細かい仕様変更、生地スペックが向上、改善がされているのです。

キノコテント ワンタッチ寝室用テントDOD(ディーオーディー)

 組み立て・片付けが簡単なワンタッチ構造なので、ワンタッチですぐにたってしまいます。ニョキッとすぐ立つ、寝室用テントです。ニョキッという表現がぴったりな楽しい形のテントです。

キャンプでのテント生活を楽しむコツは、時間をかけずにテントの設営・片付けができることです。「テントたてるの大変だったよねー」「暑い中のテント設営で苦労したなー」という思い出では嫌で、つまらないですよね。

テントは簡単に組み立てて、片付けでき、時間を短縮するのが正解です。思い出は、テント内での楽しさや外でのアクティビティ、フェス、がいいですよね。

そして、このテント、見かけがキノコ型で、おしゃれでメルヘンチック。どこかユーモラスで、なんだか絵本の世界のような気さえしてきます。

女子会キャンプやデートキャンプ、子供連れでも楽しそうです。

おしゃれなだけではなく、立てると壁が垂直になりますので、同じ床面積のドーム型テントと比較してみると,圧迫感を感じません。テント内で快適に過ごし、寝ることができるのです。

女性1人でも簡単に立てられると評判ですので、広く使いたいソロキャンプ、2人で過ごす、子供と一緒に家族4人で使用するなど、使い勝手がいいテントです。

まとめ

以前はアウトドアといえば、不便は当たり前だったのに、今では、より快適な過ごし方ができるようになってきています。

それはテントの進化のおかげです。

テントは見た目が同じでも、設計、材質が違うと、丈夫さ、防風、防水、防虫、空気の循環なども格段に違うのです。

現代では、そうしたテント情報については、実店舗より通販の方が充実していることが多いですし、金額についても通販はコスパもいいです。人気テントをコスパよく購入したいと考えているのなら通販がおすすめです。

アウトドアライフの楽しさは、テントによって決まるといっても過言ではありません。この記事とサイトを参考にされて、楽しいテントライフを過ごせるようになさってくださいね。

品質もコスパを考えたらこの通販サイト↓↓


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする